皆さんは幽霊の存在を信じますか?(パート4)

  •  
  • 257
  • 10
  • 9
  • Japanese 
Dec 7, 2019 12:45
(これは前回の投稿の続きです。たくさん書いたので、全部添削してくださる必要はありません。読んでもらえるだけでも嬉しいです。)

「トノさん、子供はいますか?」とジルベルトは突然聞きました。
「残念だけど、いません。結婚したことがありません」と私は答えました。
「そうか。私、娘が一人しかいない。名前はイザベルです。私にとって何よりも大切なのは、娘の幸せです。」
「家族は本当に第一ですね」と私はうなずきながら言いました。
「全く同感です。」

公園はとても静かでした。そよ風の音以外に、何も聞こえませんでした。

「さっきも言ったように、先週、私は交通事故に遭いました。その怖い経験に、いろいろなことについて考えさせられました」とジルベルトは言いました。
「そうですか?」
「はい。例えば、私は25年間もバーを営んでいるけど、そろそろ引退しなければいけないと思います。」

まるで1週間も眠れなかったかのように、ジルベルトは疲れたため息を漏らしました。

「私はイザベルにバーを継がせたいです。15歳からずっとピーターキャットでウェイトレスとして働いています。接客が本当に上手です!でも、今、景気が悪いです。」
「あっ、大変ですね。」
「そうですよね。経営が厳しいバーを継がせたくないです。イザベルの将来が心配でたまらない。その問題について考えると、いつも緊張しています」とジルベルトはため息をつきながら言いました。
「それでジルベルトさんが眠れない理由がよく分かりました。」
「はい。年をとればとるほど、心配性になります。しかし、最近、いい考えが浮かびました。だから、トノさん、頼みがあるんですよ。できれば、引退する前に、バーの売り上げを伸ばしたいです。トノさんはハバナで歌手としてよく知られています。明日、暇だったら、ピーターキャットで歌を演奏してくれませんか?それなら、きっと、大勢のお客様がバーに入ってくるに違いない!」

私はジルベルトの希望に応じるのはためらわれました。助けたくなかったわけではないけれど、もう76歳です。たいてい1週間に1回しか演奏しません。一方、ジルベルトにはちょっと悪い気がしました。

「いいですよ。明日、ピーターキャットで演奏します」と私は言いました。
「ありがとうございます!本当に感謝します!」とジルベルトは明るい声で答えました。私の手をぎゅっと握り、熱く握手を交わしました。私はニコニコせずにはいられませんでした。ジルベルトがベンチから立ち上がって腕を伸ばすのが聞こえました。

「そろそろ帰ったほうがいいです。トノさんのおかげで、久しぶりにリラックスが出来ますよ。明日、ピーターキャットで会いましょう!」

それから、ジルベルトの足音が遠ざかって聞こえなくなりました。

首を横に振りながら、また微笑みました。深夜にジルベルトのような人に会うなどとは、本当に思いませんでした。

「ジルベルトは娘のことでとても悩んでいるみたいだ。できる限り手伝いたい。まあ、いいか。私、群衆の前で演奏するのが好きだ。明日、午後6時ごろにピーターキャットに行く」と私は思いました。

でも、実を言うと、ジルベルトにはどこか変なところがありました。その気持ちを振り払うことができませんでした。

ふと、疲労を感じました。その瞬間に何よりも寝たかったです。ベンチから立ち上がり、杖をつきながらアパートまで歩きました。帰ってから、すぐにパジャマに着替えました。

ベッドに入るか入らないかのうちに夢のない眠りに落ちてしまいました。

続く。
“Tono, do you have any children?” Gilberto asked suddenly.
“Sadly, I don’t. I’ve never been married,” I responded.
“I see. I only have one daughter. Her name is Isabella. Her happiness is the most important thing to me.”
“Family really is number one, isn’t it,” I said while nodding.
“I completely agree.”

The park was very quiet. Aside from the sound of the breeze, I couldn’t hear anything.

“As I mentioned earlier, I was in a car accident last week. That frightening experience caused me to think about a variety of things,” Gilberto said.
“Is that right?”
“Yes. For example, I’ve been running my bar for 25 years, but I think it’s about time for me to retire.”

Gilberto let out a weary sigh, as if he hadn’t been able to sleep for a week.

“I want to leave my bar to Isabella. She’s been working at Peter Cat as a waitress ever since she was 15 years old. She’s really great with the customers! But, business isn’t going so well right now.”
“Ah, that sounds tough.”
“It really is. I don’t want to leave her a struggling bar. I’m so worried about Isabella’s future. Whenever I think about this problem, I always feel so tense,” Gilberto said with a sigh.
“I can really see why you can’t sleep, Gilberto.”
“Yes. The older I get, the more of a worrier I become. However, recently, I struck upon a good idea. Tono, that’s why I’ve got a favour to ask of you. If possible, before I retire, I’d like to improve sales at the bar. You’re well known as a singer in Havana. Tomorrow, if you’re free, would you do me a solid and perform some songs at Peter Cat? If you do, there’s no doubt that a pack of customers will come in!”

I hesitated to agree to Gilberto’s request. It’s not that I didn’t want to help him, but I’m already 76 years old. I generally perform only once a week. On the other hand, I kind of felt bad for him.

“Sure. I’ll perform at Peter Cat tomorrow,” I said.
“Thank you so much! I really appreciate it!” Gilberto responded in a bright voice. He seized my hand and gave me a warm handshake. I couldn’t help but grin. I heard Gilberto stand up from the bench and stretch his arms.

“I’d better be getting home. Thanks to you, Tono, I can relax for the first time in forever. Let’s meet tomorrow at Peter Cat!”

And then, the sound of Gilberto’s footsteps faded away into the distance.

I smiled again while shaking my head from side to side. I really hadn’t expected to meet a person like Gilberto in the middle of the night.

“Gilberto seems to be very worried about his daughter. I’d like to help however I can. It’s fine, anyways. I like performing in front of crowds. I’ll head to Peter Cat tomorrow at around 6pm,” I thought.

However, to tell you the truth, there was something odd about Gilberto. I couldn’t shake off that feeling.

I suddenly felt weary. In that moment, I wanted to sleep more than anything else. I got up from the bench and walked back to my apartment with the help of my cane. Once I was home, I immediately changed into my pyjamas.

I fell into a dreamless sleep the moment I climbed into bed.

To be continued.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app