皆さんは幽霊の存在を信じますか?(パート3)

  •  
  • 290
  • 8
  • 7
  • Japanese 
Oct 29, 2019 09:07
(これは前回の投稿の続きです。たくさん書いたので、全部添削してくださる必要はありません。読んでもらえるだけでも嬉しいです。)

いきなり声がして、私はドキッとしました。

「ここに座ってもいいですか?」と一人の男は太い声で聞きました。
「どうぞ」と私は答えました。その男は私の隣に座って来ました。
両腕に鳥肌が立っていて、辛うじて身震いを抑えました。
「トノさんも寝られませんか?」とその男は聞きました。

普通に人の声について記憶力がいいけど、その男のが全然分りませんでした。不安を感じて、杖をかたく握りました。今にも襲われる気がしました。緊張のあまり、喉がからからでした。

「あの、もしかして会った事がありますか?」と私はしわがれた声で聞きました。
「あはは、いや、そんなことはありません。私は『ピーターキャット』というバーを経営しています。バーのオーナーの中で、トノさんはとてもよく知られていますよ。ギターの上手さにかけては、ハバナで一番ですよ!」

私はほっと安堵のため息をもらして、杖を掴む手を緩めました。深夜にファンに会うなどは、思いませんでした。

「褒めてくれてありがとうございます。しかし、そんなことはないと思います。」
「お世辞抜きに、ギターが本当に上手いですよ!私は大ファンです。それはさておき、今から自己紹介をさせていただきます。ジルベルト・マルティネスといいます。前にも言ったように、バーのオーナーとして働いています。『ピーターキャット』は25年間も営業しています。」

何も言わないで、私は微笑みました。すごくホッとしました。のら犬が遠くで吠えているのが聞こえました。「今夜は満月かな」と自問しました。

「トノさんの事に首を突っ込みたくないけど、何か質問してもいいですか?」とジルベルトは聞きました。
「いいですよ」と私は答えました。
「生まれつき盲目ですか?」
「いや、子供の頃、目が見えました。20代で交通事故で視力を失いました。」
「ああ、そうですか。本当は、先週、私も交通事故に遭いました。」
「あっ、残念です!大丈夫ですか?」と私は聞きました。
質問を聞かなかったかのように、ジルベルトは答えずに疲れてため息をつきました。
「二人の子供がバンの前に飛び出してきました。叫ぶ時間さえありませんでした。避けようと急にハンドルを切って、道から逸れてしまいました。でも。。。」とジルベルトは静かに言いました。

私は何を言えばいいのか分かりませんでした。冷たい風が北から吹いてきて、木々が揺れているのが聞こえました。夏にしては、かなり寒くなってきました。

「トノさん、今夜、私たちが出会ったのは偶然じゃなかったです。実は、頼みがあるんですよ。」

もう一度、カラスの群れが大声で鳴き始めました。

続く。
My heart jumped at the sudden voice.

“Is it all right if I sit here?” The man asked in a deep voice.
“Go right ahead,” I responded. The man sat down next to me.
Goosebumps covered both of my arms, and I barely suppressed a shudder.
“You can’t sleep either, Tono?” The man asked.

I’m generally good with people’s voices, but I couldn’t recognize his at all. I felt uneasy and gripped my cane tightly. I felt that I was about to be robbed. I was so nervous that my throat was completely dry.

“Um, have we met before, by any chance?” I asked in a hoarse voice.
“Haha, no, it’s nothing like that. I run a bar called ‘Peter Cat.’ You’re very well known among bar owners, you know. You’re the number one guitarist in all of Havana!”

I let out a sigh of relief and loosened my grip on my cane. I hadn’t expected to meet a fan in the middle of the night.

“Thanks for the compliment, but I don’t think that’s the case.”
“It’s not flattery; you’re an amazing guitarist! I’m a big fan. Anyhow, please allow me to introduce myself. My name is Gilberto Martinez. As I mentioned previously, I work as the owner of a bar. ‘Peter Cat’ has been open for 25 years.”

I smiled without saying anything. I was very relieved. I heard a stray dog howling in the distance. “I wonder if there’s a full moon out tonight,” I asked myself.

“Tono, I don’t want to pry into your business, but may I ask you a question?” Gilberto inquired.
“That’s fine,” I answered.
“Were you born blind?”
“No, when I was a child, I was able to see. I lost my vision in a traffic accident in my twenties.”
“Ahh, I see. To tell you the truth, I was in a car accident last week myself.”
“Oh no! Are you all right?” I asked.
As if he hadn’t heard my question, Gilberto sighed wearily without answering.
“Two children darted out in front of my van. I didn’t even have time to cry out. I quickly jerked the steering wheel to avoid them, and swerved off the road. But…” Gilberto said softly.

I didn’t know what to say. A chill wind began to blow from the north, and I heard the trees swaying. Considering it was summer, it had become quite cold.

“Tono, it wasn’t a coincidence that we ran into each other tonight. To be honest, I have a favour to ask of you.”

The flock of crows began to caw loudly once more.

To be continued.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app