「投票で決めよう」

  •  
  • 505
  • 15
  • 13
  • Japanese 
Oct 5, 2018 12:05
皆さん、おはようございます。

今日は、小学生の時の出来事について話したいと思います。

子供の頃、私は小さな私立小学校に通っていました。私が通っていた小学校でジャンセンさんという男性は6年生の先生として働いていました。ジャンセンさんは同僚ばかりでなく学生にも人気がありました。というのは、頭が良かった上に、よく学生に面白い話をしてくれたんです。

その上、毎年ジャンセンさんは6年生をサイエンスワールドという場所に連れて行きました。年に一回の見学旅行でした。スクールバスで小学校からサイエンスワールドまで5時間ぐらいかかりました。

サイエンスワールドはバンクーバーにある科学博物館です。子供から大人に至るまで、誰でも楽しめる展示物がたくさんあることで知られています。例えば、脳波でボールを動かすことができるコーナーがあるらしいです。

2歳年上の兄は6年生の時、ジャンセンさんと同級生と一緒にサイエンスワールドに行けました。あの時、「僕も行きたいなぁ!」と私は思いました。年を取れば取るほど、バンクーバーへの見学旅行が楽しみでした。

11歳の時、私はやっと6年生になって、ジャンセンさんのクラスに入りました。バンクーバーに行ったことがなかった私にとって、サイエンスワールドを探検したくてたまらなかったです。わくわくしながら見学旅行を待っていました。

しかし、ある日、何かびっくりした事がありました。

教室の前に立ちながら、「皆さん、ちょっと相談したいことがあるんですが。」とジャンセンさんは大声で言いました。

「えっ、何、相談って?」と私は思いました。

「本当は、サイエンスワールドはちょっと飽きた。だから、今学年、バンクーバーに行く代わりに、ビクトリアに行ったらどう?ビクトリアでダウンタウンをぶらぶら歩いたり、買い物したり出来る。」

「無理無理無理」と私は思いました。

私は家族と何回もビクトリアに行ったことがありました。なぜかというと、お母さんはそこで生まれ育ったからです。要するに、決してビクトリアへ買い物しに行きたくなかったです。ビクトリアが嫌いだったわけじゃないですけど、バンクーバーに行ったことがなかったし、ずっと楽しみにしていたので、何よりも同級生と一緒にサイエンスワールドに行きたかったです!

「バンクーバーに行くかビクトリアに行くかは投票で決めよう」とジャンセンさんは言いました。

私の顔からさっと血の気が引きました。「皆さん、バンクーバーを選んでください!」と私は叫びたかったですけど、何も言いませんでした。

「まず、サイエンスワールドに行きたい人は手を上げなさい」とジャンセンさんは言いました。私は、言うまでもなく、すぐに手を上げました。

「次、ビクトリアに行きたい人は手を上げてごらんなさい」

緊張の様子で私は教室を見渡しました。悲しいことに、ほとんど全ての同級生は手を上げていました。なぜか、バンクーバーではなくてビクトリアに行きたがっていました。投票の結果を見てひどくがっかりしました。サイエンスワールドに行けないことに気が付きました。

翌月、ジャンセンさんはビクトリアに連れて行ってくれました。もし私の記憶に間違いがなければ、私はビクトリアで同級生と楽しい時間を過ごせました。(綺麗で住みやすい都市です。)楽しかったと言っても、バンクーバーへの見学旅行はキャンセルされて悲しかったです。

私はもう大人になりました。お兄さんに会うためにバンクーバーに行くこともありますけど、今もサイエンスワールドに行ったことがありません。来年、バンクーバーに行ったら、ついにサイエンスワールドに行ってみたいと思います。遅れてもやらないよりはまし。^^
Good morning, everyone.

Today, I think that I’d like to talk about an incident that happened when I was an elementary school student.

When I was a child, I attended a small, private elementary school. A man named Mr. Janzen worked as the Grade 6 teacher at the school I went to. Mr. Janzen was popular among not only his coworkers but also the students. The reason is that he was smart and often told funny stories to us students.

On top of that, every year Mr. Janzen would take the Grade 6 students to a place called Science World. It was a field trip that happened once a year. It would take about 5 hours to go from the elementary school to Science World on a school bus.

Science World is a science museum in Vancouver. It is known for having many exhibits that can be enjoyed by both children and adults. For example, apparently there is an exhibit where you can move a ball using your brain waves.

When my older brother, who is two years older than me, was in Grade 6, he was able to go to Science World with Mr. Janzen and his classmates. “I want to go too!” I thought to myself at the time. The older I got, the more I looked forward to the field trip to Vancouver.

When I was 11 years old, I finally became a Grade 6 student, and I entered Mr. Janzen’s class. Since I had never been to Vancouver before, I couldn’t wait to explore Science World. I was excitedly waiting for the field trip.

However, one day, something surprising happened.

While standing in front of the classroom, Mr. Janzen said in a loud voice, “There’s something I’d like to discuss with all of you.”

“Hmm, what could it be?” I thought.

“The truth is I’ve gotten a bit tired of Science World. This year, instead of going to Vancouver, how about we go to Victoria? We could walk around downtown and do some shopping there.”

“Oh no, oh no, oh no,” I thought.

I had been to Victoria countless times with my family. That’s because my mom was born and raised there. In short, I definitely didn’t want to go to Victoria to go shopping. It’s not that I disliked Victoria, but because I had never been to Vancouver, and because I had been looking forward to it for eons, more than anything I wanted to go to Science World with my classmates.

“Let’s decide by vote whether we’ll go to Vancouver or whether we’ll go to Victoria,” Mr. Janzen said.

All of the blood drained from my face. I wanted to shout, “Choose Vancouver, guys!” but I didn’t say anything.

“First, raise your hand if you want to go to Vancouver,” he said. Needless to say, I immediately put my hand up.

“Next, raise your hand if you want to go to Victoria.”

I looked around the classroom with a nervous expression on my face. Sadly, almost all of my classmates were raising their hands. For some reason, it seemed that they wanted to go to Victoria, not Vancouver. I was crushed to see the results of the vote. It dawned on me that I wouldn’t be able to go to Science World.

The following month, Mr. Janzen took us to Victoria. If my memory isn’t mistaken, I was able to have a fun time in Victoria with my classmates. (It’s a beautiful and livable city.) Although I said it was fun, I was sad that the field trip to Vancouver had been cancelled.

I’ve already become an adult. Although I occasionally go to Vancouver to visit my older brother, even now I’ve never been to Science World. If I go to Vancouver next year, I think that I’d like to finally try going to Science World. Better late than never. :)