アニメの紹介文

  •  
  • 501
  • 2
  • 3
  • Japanese 
Jul 19, 2013 04:11
ちょっと長いけど、誰かチェックしてくれてお願いします。私は全部自分で書く作文じゃなくて、インタネットからのデータをたくさん使ったから、正しいかどうか分かりません。だから、教えてください。

「蛍火の杜へ」

ロマンチックなアニメが好きな人にとっては「蛍火の杜へ」は魅力的で忘れられないアニメ映画になります。さえロマンスジャンルが好きではない人にとっても、これはまだ見るほうがいいアニメ映です。
「蛍火の杜へ」は原作者・緑川ゆきの漫画から脚色されたアニメ映画です。監督は、「夏目友人帳」「デュラララ!!」「地獄少女」など、きめ細やかな演出と、実写的な表現に定評のある大森貴弘。キャラクターデザインに髙田晃、美術に渋谷幸弘、音楽に吉森信、アニメーション制作にブレインズ・ベースと、テレビアニメシリーズ「夏目友人帳」を手掛けたスタッフが制作に挑みます。
この作品は、触れると消えてしまうという、人でも妖怪でもない不思議な存在の少年と、人間の少女が織り成す、優しく、切なく、儚い恋の物語です。夏休みに、祖父の家に遊びに来ていた少女・蛍は、妖怪たちが住むといわれる“山神の森”へ迷い込んでしまいます。途方に暮れ、泣き出した蛍の前に現れたのは、狐の面を被った少年・ギンです。ギンに助けられた蛍は、毎年夏になると、ギンのもとを訪れるようになります。別れが誤っ警告なしに来るまで彼らの友情は、多くの幸せな夏を過ごし、そこから始まりました。
「蛍火の杜へは短いアニメですが、非常に有意義がある物話です。蛍とギンの恋は夏の夜に燃やす自主自分でさえ一瞬点灯した後、死亡しる蛍のように悲しくても本当にきれいです。その微かな愛は彼らが制限時間によって分離されている場合であっても、まだきらきらと光ります。
それだけではなく、作品の中で映像と音楽も素晴らしいです。特に音楽です。過ぎ去っていく夏の切なさが、古典的な曲でゆるやかに静かに流れていく感じられます。
つまり、これはとっても感動するアニメ映画といえます。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app