An anonymous poem (作者不明の詩)

  •  
  • 1354
  • 33
  • 12
  • Japanese 
Oct 2, 2016 14:36
作者不明の詩を翻訳しようと思います。
I want to try to translate an anonymous poem.

またどうしてその詩が滑稽なのか説明しようと思います。
Also, I want to try to explain why it is funny.

これがその詩です。
Here is the poem:

The rain it raineth every day
毎日雨が降っている
upon the just and unjust fella
公平な奴にも不公平な奴にも落ちる
but more upon the just because
the unjust hath the just's umbrella
公平奴はもっとぬれる
不公平奴は公平奴の傘を持っているから

「raineth」は「rains」という単語の古代の形です。
"Raineth" is an archaic form of the word "rains".

同じように「hath」は「has」の古代の形です。
Similarly, "hath" is an archaic form of "has".

「fella」は「fellow」の砕けた形です。
"Fella" is a casual variant of "fellow".

改まったように古代の形と砕けた形が交じり合ったものは'おかしな気持ちを引き起こします。
The mixture of archaic words, which sound formal, and casual words creates a strange and amusing feeling.

「fella」と「umbrella」は完璧な脚韻です。
"Fella" and "umbrella" rhyme perfectly.

さらに突発的です。
The rhyme is also surprising/unexpected.

韻律はとても厳重です。
The meter is very strict.

01010101
010101010
01010101
010101010

0 = アクセントのない音節
0 = unaccented syllable
1 = アクセントのある音節
1 = accented syllable

2行目と4行目の最後のアクセントのない音節は余分な気持ちがあります。
The unaccented last syllables of the second and fourth lines feel superfluous.

別の韻律のパターンはもっと一般的なのです。
That's because other metric patterns are more common.

突発的な脚韻と結合したものもおかしくなります。
The combination of this with the surprising rhyme is also funny.

追伸

iambic tetrameter:

01010101
01010101
01010101
01010101

common meter:

01010101
010101
01010101
010101