猫の日記

  •  
  • 3268
  • 10
  • 10
  • Japanese 
Dec 19, 2009 06:12
母は猫が大好きでした。
My mother loved cats.

保育園の先生で、引退したあとでいつも猫を数匹飼っていました。
She was a nursery school teacher, and after she retired, she always had several cats.

父は猫に興味がないと言いましたが、家にいてもかまわないそうでした。
My father said he had no interest in cats, but he didn't seem to mind having them around.

母は死の数年前に猫保護施設でボランティアの仕事しました。
Until a few years before her death, she did volunteer work in cat shelters.

安楽死させないシェルターでしか進んで仕事しませんでした。
She was only willing to work at shelters which didn't euthanize animals.

僕は子猫を飼ったことがなくて、成猫だけを飼っていました。
I have never had kittens, only fully grown cats.

両親は僕の近いに住むためにフロリダへ引っ越しましたとき、僕はブラッコーと言う名前の猫を飼っていました。
When my parents moved to Florida in order to live close to me, I had a cat named Blacko.

飼っていた猫の中で、一番大好きな猫でした。
Of all the cats I've had, she was the one I loved the most.

そのときに、両親は二匹だけの猫を飼っていましたが、一匹はあとで糖尿病で死にました。
At that time, my parents had two cats, but one of them died from diabetes.

最後の猫はイヴと言いました。
Their last cat was called Eve.

父の死のあとで、イヴは僕の家に住むために来ました。
After my father died, Eve came to live at my house.

あいにく、ブラッコーとイヴはいつも友達になりませんでした。
Unfortunately, Blacko and Eve never became friends.

二人とも、相手がいたのでうれしくなかったです。
They were both unhappy that the other one was there.

イヴは先に死んだので、ブラッコーは僕と家をしばらくの間独り占めしました。
Eve died first, so Blacko had me and the house to herself for a while.

ブラッコーが死んだのあとで、僕は悲嘆に暮れたから動物を二度と飼わないと思いました。
After Blacko died, I was so grief-stricken that I thought I would never have an animal again.

でも一年半あとで、エリザベスの隣人のジェーンさんのお母さんが死んだので、彼女の猫をもらいました。
But a year and a half later, Elizabeth's neighbor Jane's mother died, and I adopted her cat.

他の話です。
That's another story.

この話では、死が多すぎるですね。
In this story, there are too many deaths, aren't there?
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app