ノートルダム

  •  
  • 113
  • 7
  • 4
  • Japanese 
Apr 16, 2019 15:42
聞きましたか。
ノートルダム大聖堂は今日火が付きました。
尖塔と屋根が倒れました。
運よく美術がほとんど助けられました。
ノートルダム大聖堂はフランスパリで1163年から1345年まで建てられました。
ファサードは聖書の物語を現わしている彫像で飾られています。
そして、中世の読めない人に聖書を教えていたから、「民衆の本」と呼ばれています。
ヴィクトル・ユーゴーは1831年に『ノートルダム・ド・パリ』という小説を著しました。
主人公は背中に瘤にある鐘つきのカジモドとジプシーの女性のエスメラルダです。ジプシーというは虐げられた民族で、現在、ロマ民族と呼ばれています。
1831年にはノートルダム大聖堂は古くなってきて、疎かにされましたが、『ノートルダム・ド・パリ』が人気になったから、リフォームされました。
フランス人に大切な建物だし、歴史が長いし、このニューズが悔しいです。
Have you heard?
Today, the Notre-Dame Cathedral caught fire.
The spire and roof collapsed.
Luckily, most of the art was saved.
The Notre-Dame was built between 1163 and 1345 in Paris, France.
The facade is decorated in sculptures depicting Biblical stories.
And so, it taught illiterate Medieval people the Bible and is called "The People's Book."
In 1831, Victor Hugo published the novel "The Hunchback of Notre-Dame."
The main characters are a bell ringer with a lump on his back named Quasimodo and a Gypsy woman named Esmeralda.
Gypsies were a persecuted people who now are known as the Romani.
In 1831, Notre-Dame Cathedral had grown old and was neglected, but because "The Hunchback of Notre-Dame" became popular, it was renovated.
It's very important to the French and has a long history, so this is regrettable news.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app