架空の話 その2

  •  
  • 108
  • 6
  • 4
  • Japanese 
May 28, 2019 05:30
みなさん、こんにちは。

今日の投稿は以前のものの続きで、さらにストーリの終わりです。どうぞよろしくお願いします。^^
_______________________________________________________

僕たちはもっと道を歩き続けると、自然に石に囲まれる水たまりに湧き出る泉を不意に見つけた。

「うわー!水を飲んでも大丈夫かな?」とマティアスは言った。

僕たちが着いた時に、水にくちばしを入れているマネシツグミがいることに気づいた。マネシツグミが僕たちを見たとたんに枝葉へひらひらと飛び去った。

「動物は水を飲むなら、大丈夫だろう」と僕は推測した。とても暑い日で、あの泉の水以外、飲める水はなくなってしまっていた。

泉のそばでひざまずき、手を丸めて水に入れた。マティアスはためらったので、先に水を飲んでみるのは僕だった。水は心を落ち着かせ、さっぱりした味を持ち、程よく冷たくて僕はびっくりした。マティアスは僕がいい反応をしたのを見たので、すぐに水を一口飲んでみたら目を大きく開いた。

「水道水よりおいしいよね!」とマティアスは笑った。

その後、少し探検したが、何も面白いものがないようでヨットに戻って行った。コンパスの針はまだきちんと動いていなかったが、僕たちは島から離れれば離れるほどやっと針は再調整した。それで家への帰り道がわかることができた。

僕たちは家に着いたら、二人の心配している警察官に出迎えられた。すぐに母が出てきて泣き出した。僕を強く抱きしめて、おでこにキスしていた。

「ありがたい!」と、涙目の母は言った。

僕とマティアスは何が起こったのかまったくわかっていなかった。

「どうしたんですか?」とマティアスは慎重に聞いた。

ようやく母は僕を放し、信じていないままで僕たちをじっと見つめており、そして二人の警察官に振り向いた。

「4週間、行方不明になってしまいました」と警察官の一人は言った。

僕たちは何度も警察官に出来事を伝えたが、何度伝えても信じてくれなかった。不可能だった、4週間くらいいなくなるなんて。たったあの日の朝に出かけたのではない?でも警察官によっては、僕たちのヨットが島に乗り上げてしまい、汚れた水を飲んで錯覚が引き起こされたらしい。そんなはずがない、と僕たちは知っていた。

数年が経ち、僕はまたマティアスと出来事について話していた。僕より迷信が深いマティアスは急にわかったことを伝えた。

「あの泉、伝説の不老泉だったとしたら?フロリダにあるはずだよ。本当に若返るようにならなかったけど……たぶん時間の知覚を変わったんだろう?」

僕は首を振った。「とんでもないよ。ただの伝説だからね」
We continued farther for a bit longer and discovered a hidden spring bubbling up into a natural rock-lined pool.

“Whoa!” Matias exclaimed. “Do you think it’s good to drink from?”

I had noticed a small mockingbird had its beak dipped in the water when we arrived, having fluttered away into the foliage when it caught sight of us.

“If the animals drink from it, it can’t be too bad,” I guessed. It had been so hot, and we didn’t have any other sources of water…

We knelt at the edge of the water and cupped our hands into the pool. Matias hesitated and let me take a sip first. The water was surprisingly cool and unbelievably refreshing, filling my body with a calming sensation. Matias must have seen how I was reacting, so he promptly took a sip as well, and his eyes widened.

“Better than tap water,” Matias laughed.

We explored a little bit more, but didn’t find anything else very interesting and so we returned to the sailboat. The compass was still acting a little weird, but as we sailed away it began to realign and we found our way back home.

When we arrived at my house, we were greeted by two concerned police officers. Then my mother came and burst into tears, wrapping me in her arms and kissing my forehead.

“Thank God!” My mother choked out between sobs.

Matias and I looked completely confused.

“What’s the matter?” Matias asked cautiously.

My mom finally let go of me and stared at us, dumbfounded. She then glanced toward the officers.

“You two were missing for four weeks,” said one of the cops.

After we told the story of what happened to the police over and over again, no one seemed to believe us. There was simply no way we could’ve been missing for four weeks; it had just been one morning! The police thought we had been moored on an uninhabited island and went delusional from drinking unclean water, but Matias and I knew that wasn’t the case.

A few years later, we were talking about the incident again and Matias, who was more superstitious than me, came to an odd realization.

“What if… what if it was the Fountain of Youth?” he said. “We didn’t get younger, but it definitely could have affected our perception of time, don’t you think?”

I shook my head. “No way. That’s just a legend.”