Are they nicer phrases? (よりかっこいい言い方なの?)

  •  
  • 137
  • 1
  • 1
  • English 
Sep 2, 2019 22:28 question English
I found a tweet that showed some of her favorite phrases in English on Twitter.
(英語のお気に入りのフレーズを紹介しているツイートをツイッターで見つけました)

It was from a person who seemed to be an English teacher.
(それは英語教師らしき人のツイートでした)

She suggested to put some ordinary phrases in other ways.
(彼女はいくつかの一般的なフレーズを違うフレーズに言い換えることを提案していました)

As for some of them, I wonder if they really are pleasant to say.
(その中のいくつかについて、私はそれが本当に感じのいい言い方なのか疑問に思います)

#1 He’s single.
- #2 He’s available.

While #1 describes just the fact, #2 implies that he can be anyone’s boyfriend, in another word, he is like for sale.
(#1は、単に事実を述べているのに対して、#2は、彼が誰の恋人にもなりうることを示唆していて、言い換えれば、彼は売りに出されているかのようです)

He might like to stay single, though.
(彼は恋人を欲しくはないかもしれないのに)

#3 I have a boyfriend.
- #4 I’m taken.

This one also sounds uncomfortable to me.
(これも私には、しっくりきません)

I wouldn’t like to say #4.
(私なら#4の言い方はしたくありません)

Even if I have a boyfriend, I don’t think I’m “taken” by him.
(恋人がいたとしても、私は彼に”取られた”とは思いません)

I’m not a seat to be taken.
(私は席のように取られるものではないのです)

Am I the only one who feels like that?
(こんなふうに感じるのは私だけでしょうか)

(1行ずつ和訳を付けました。添削の参考にしてください)