サンフランシスコの住宅

  •  
  • 157
  • 9
  • 6
  • Japanese 
Jul 7, 2019 12:51
Quoraというサイトからの質問:サンフランシスコでは年収10万ドル以下は生活が厳しいとのことですが、マクドナルドのアルバイトや清掃する人たちなどはどうやって生活しているのでしょうか?

可能性はいろいろあります。

1)家賃統制のために家賃が安い人がいます。引っ越さないと、一年に3パーセントの増加は上限です。ずっと前にサンフランシスコに引越し、同じところにまだ住んでいると、家賃は安いはずです。

2)シェアのアパートや住宅が多いです。1500ドルぐらいの部屋があります。二人で住んだら一ヶ月は一人ずつ半分です。それから、最近PodShareという会社がキャプセルホテルのようにベッドを貸しています。一ヶ月に、1200ドルになります。あるシェアのアパートに比べると、質がいいかもしれません。
https://edition.cnn.com/2019/07/05/success/podshare-co-living/index.html

3)他の都市に住むサンフランシスコで働く人も多いです。二時間の通勤が通常で、郊外も高くなりつつあります。ある仕事があったら一週間に三日働きます。例えば、看護師はそんな場合はあります。その人には、通勤が我慢できるかもしれません。

全体的に、サンフランシスコの生活が辛くなっている人が多いと思います。十年前まで、わたしがサンフランシスコに引っ越したかったです。この頃、意見は違います。
I got the question from the jp.quora.com site. I don't translate that. :P

There are a number of possibilities.

1) Some people have low rent due to rent control laws. If you don't move, the upper limit of your rent increase is 3%. If you moved to San Francisco a long time ago, and are still living in the same place, I suspect that your rent should be cheap.

2) Shared apartments and housing are common. You can find a room for $1500 a month. If there are two of you living there, you only pay half that. Also, lately, a company called PodShare has been renting beds, somewhat like a capsule hotel. For a month, you'd pay $1200. Compared to some shared apartments, the quality might be better.

3) There are a lot of people would work in San Francisco and live in other cities. A two-hour commute is common, and the suburbs are getting expensive. Some jobs have a 3 day work week. For example, nurses sometimes have schedules like that. For those people, they might be able to tolerate the commute.

All in all, I think a lot of people seem to have a lifestyle that's gotten difficult. Up until about 10 years ago, I wanted to move to San Francisco. These days, my opinion is different.