アメリカの諺

  •  
  • 1341
  • 11
  • 3
  • Japanese 
Jul 6, 2012 14:45
この日記は先週の宿題です。先生の訂正はまだいただきませんが、ブログしてみます。

宿題は、アメリカの諺を紹介するのです。


A stitch in time saves nine.

私の國には「A stitch in time saves nine」と言う諺があります。この諺を訳すると「間に合わせるひとつの縫い目は九つを余す」になります。つまり、この諺は、気をつけて仕事などを粗慢のようにしないでと言う意味があります。

語彙:
Stitchと言うのは、縫い目の意味がします。 In timeと言ったら、「間に合う」と言う意味があります。この場合、「to save」とは、節約すると同じです。全部で、諺は「間に合ったら、一つの縫い目は、九つを節約する」と言います。

利用するとき:
誰かが雑に何かをしているとき、こんなに警告する方がいいです。例えば、同僚がソフトウェアを急いでぞんざいに書いている場合、この諺が適切です。

Children should be seen not heard.

日本語では、「子供達は静かに黙っていて見えた方がいいです」。

私の祖母はちょっと冗談のように時々そういいました。優しい祖母だったから、懐かしいです。

この諺は、古い考え方かもしれませんが、アメリカの古い礼儀作法を説明します。日本では、後輩は先生と上司を会うとき、先生や上司の先に直ちに挨拶をします。フルイレギさ法でしょうけれども、欧州とアメリカ乗れ戯作法は反対です。先生や上司はまだ何も言わなかったら、後輩は何も言わない邦語丁寧です。英国の女王に会ったらそんなに今も警告されます。子供達は、下位で、静かしないでは、無礼です。