Usage of Bar-code バーコードの使い方

  •  
  • 332
  • 3
  • 2
  • English 
Feb 23, 2018 21:29
I worked at an event related to high-tech industry as a temporary employee.
派遣社員として、IT系のイベントで働いた。

My job was very simple: scanning visitors' bar-code in the holder that hanged from their neck.
私の仕事はとても単純だった。来場者の首から下がっているホルダーのバーコードを読み取ることだった。

Whenever they went, stopping by booths, attending sessions, recieveing samples from promotional models, their bar-code was sccaned.
彼らがいくところどこで、スキャンされる。ブースに立ち寄る、集まりに参加する、イベントコンパニオンからサンプルをもらう。といった。

The organizer of the event will collect the data to find out what kind of people who were interested in a certain product.
イベントの企画者はどんな人がある製品に興味をもっているか調べるためにデータを集める。

Then, they will give information to the sponcers, like tech companies.
そして、かれらはその情報をお金を出した人、IT系の会社に渡す。

The companies can analyze the data to develop their products that can meet customer's demand.
その企業は、消費者の要求に合った製品を開発するために、データを分析する。

The visitor's behavior was monitered through being scanned.
来場者の行動はスキャンすることで監視されていた。

For me, when it comes to bar-code, it is commonly used at supermarkets, but I've learned that there are many ways to taking advantage of it.
私にとってバーコードといえば、スーパーでよく使われるものだ。しかし、色んな使い方があると学んだ。