A Lucky Day ラッキーな日

  •  
  • 209
  • 1
  • 2
  • English 
Feb 16, 2018 18:05
I went to a tax office for a tax return.
確定申告の為に、税務署に行った。

My husband and I bought an apartment with loan from a bank last year.
夫と私は去年銀行からローンをしてマンションを買った。

Overpaid tax will be refunded or the next ten years, if the apatment is qualified some conditions.
払いすぎた税金は10年間戻ってくる。もしマンションがいくつかの条件を満たしていれば。

I'm a dependent of my husband, but the staffing agency that I belong to deducted tax from my salary, so I also claimed it.
私は夫の扶養者だが、所属している派遣会社が私の給与から税金を引いていたので、それも申告した。

The office was very crowded, becasue the staff members were little orientated.
税務署はとても混んでいた。スタッフがちゃんとしていないからだ。

I waited in a line for a long time which staff asked me, but it turned out to a wrong line.
スタッフが示したある列で長時間待っていた。が、それは違う列だとわかった。

I offended, and complained about it.
私は怒って、文句を言った。

One of the saff members who looked like a trainee of accountant came to me, and input necessary data in a complicated format.
ひとりの税理士の見習いのような人が私のところへ来て、複雑なフォームへ必要なデータを入力してくれた。

I was lucky.
ラッキーだった。

Without him, I would have tackled it for a few hours.
彼が居なければ、数時間それと格闘しただろう。