The Most Uncomfortable Experience 最も気まずい体験

  •  
  • 469
  • 11
  • 2
  • English 
Jun 19, 2012 01:52
When I bought a jazz concert ticket at a discount ticket store, I should have ask the receptionist why does't have the seat number on the it.

The ticket price was 22 euro including some drinks and snacks, half of a normal price .

Since the concert was held at 3PM I wore a casual cloths.

Although I wrote the hall, it is in a building where is used for brewery and exhibition.

The hall was a spacious room for a party.


There was a big counter in the middle of the room, waiters and waitresses in formal uniforms was going back and forth and there was no seats.

I felt like I was in a party which was seen in American dramas.

The customer was all Dutch people apart from me.

I was overwhelmed and flinched because I was alone and no one to talk to.

I've never expected the atmosphere to be like this.

I drunk four glasses of beer and waited until the performance begun while texting meaning messages to some friends.

I was surrounded by families and couples, who were kissing.

If I spoke Dutch or English fluently, there was no chances to speak to someone.

Imagine how I felt.

After an hour and a half the jazz performance begun.

Fortunately the music was fantastic, but this is the most uncomfortable experience I've ever had.
ディスカウントチケット店でジャズコンサートの券を買った際に、なぜ券に座席番号がついていないか窓口の人に聞くべきだった。
チケットは飲み物とおつまみ付きで22ユーロ、これは定価の半額だ。
コンサートは午後3時からなので、カジュアルな服を着た。
コンサートホールと書いたが、それはブルーワリーと展示会場として使われているビルの中にある。
ホールは大きな部屋のパーティー会場のようだった。
大きなカウンターが真ん中にあり、ウェイターとウェイトレスがきちんとした制服で行ったり、来たりしていて、座席はなかった。
アメリカのドラマに出てくるパーティに居るようだった。
お客は私以外はオランダ人。
圧倒されて、おじけづいた。なぜなら、私は一人だし、話す人も居ない。
こんな雰囲気とは思いもしなかった。
ビールを4杯飲んで演奏が始まるのを待った。友人に意味のないメールを打ちながら。
家族とキスをしてるカップルに囲まれていた。
もし私がオランダ語か英語が堪能でも、話す機会はなかった。
私がどんな気持ちだったか想像してみて。
1時間半後にジャズは始まった。
幸いにも音楽は素晴らしかったが、最も気まずい体験だった。