生き甲斐

  •  
  • 176
  • 4
  • 3
  • Japanese 
Nov 13, 2018 00:07
生き甲斐

僕たちは何のためにこの世界に生まれたんだろうと、自分自身に問いかけたことのない人は、稀にいないと僕は思う。むしろ一人たりともいないと言った方が正確かもしれない。真実を探る欲求は、人間という生物の核心に遠い昔から埋め込まれたものだともいえるんだろう。なぜなら、人間と動物の違いはそこにあるからだ。何億年にもわたる進化の過程のどこかで僕たちが動物から人間へと変わった瞬間からずっとそうだ。動物の場合は、好奇心からものを嗅いだり掻いたり触れたりする等の探索行動を起こすことはあるが、それまでだ。この世界のあらゆる出来事を左右する真相とその仕組みを探し求めるのは他ならぬ人間だけだ。

繰り返し出勤しては帰る日々が続くと、尚更、生き甲斐を問う思想の声が騒然と聞こえてくる。「一度きりの人生は本当にこのままでいいのか」と自分自身にそうしつこく声かけてくるように感じる。人間は、向き合おうとしない現実の象徴となるそんな声を遮音してくれるお酒、薬剤、SNS、そして時に仕事等のあらゆる現実逃避の手段に頼りがちである。しかしそれこそが逆に人間であることを否定するようなことだ。ある意味で、一日3食が食べれることだけに善がる飼い犬並みの人生を自ら選んでいるようなものだ。