《桂河大桥》/「戦場にかける橋」

  •  
  • 1232
  • 12
  • 4
  • Mandarin 
Feb 8, 2013 09:38

我看了一部1957年英国和美国合作的电影《桂河大桥(The Bridge on the River Kwai)》。

这部电影描述第二次世界大战中在泰国日本军使英国、美国、澳洲的俘虏建造桂河大桥,向全世界人民呼吁战争是没意义的。

虽然我第一次看到这部电影,但是很知道电影主题曲。

在日本运动会这首曲是常用的进行曲,我觉得许多人都知道。

我能才知道这就是《柏忌上校进行曲(Colonel Bogey March)》。

由于这首进行曲与非常悲惨的电影内容形成了鲜明的对比,因此给我留下了非常深刻的印象。

看了这样的电影,日本人曾经发动战争的事情,真是令人遗憾。




1957年の英米合作映画「戦場にかける橋」を観た。

この映画は第2次世界大戦下タイで日本軍が英国、米国、オーストラリア人の捕 虜に橋を作らせる状況を描いていて、戦争の無意味さを訴えている。

私はこの映画は初めて観たのだが、映画音楽には聞き覚えがあった。

日本では運動会の行進曲などに使われていて、よく知られている。

この曲が「ボギー大佐」というタイトルだということは初めて知った。

映画の内容はとても悲惨なもので、この行進曲の明るさとは対照的だ。

それだけに強く印象に残った。

このような映画を観ていると、過去に日本人が戦争を引き起こしたことが悔やまれてならない。