yuribada's Home
 
 
 
 
Photo Album

 
 

332
Entries Written

3,140
Corrections made

1,515
Corrections received

70
Friends

About me

일본의 시즈오카에 살고 있는 한국인입니다.
日本の静岡に住んでいる韓国人です。

한국어는 조금씩 잊어가는데, 일본어는 아직 배울 내용이 산더미처럼 많습니다
韓国語は少しずつ忘れていくのに、日本語はまだ学ぶことが山ほどあります。

Lang-8을 통해 양쪽 다 보완해 가려고 합니다.
Lang-8を通して両方共に補って行こうと思います。


Read more

Latest entries

yuribada

江村行き

聞き慣れない爆炎警報というものが発表された中、朝の8時過ぎに江村(カンチョン)行きの電車に乗った。ホテルから駅までものの10分で汗だくになるほど朝から日照りが強い。席に座るや否や、電車の扉が閉まる音がした。 窓の外に目をやり、思いを馳せているだけで喉の奥が熱くなる。30年...
  •  
  • 139
  • 13
  • 4
  • Japanese 
Aug 12, 2019 10:19
yuribada

天泣の日に

小学生が使っている美しい日本語をテーマとしたある番組の特集で「天泣(てんきゅう)」という言葉を知った。天気雨のことらしいが、風情のある言葉が気に入ったのか、未だに忘れずにいる。 会社で使う車をリースするために知り合いのディーラーに頼み、目星を付けていた車に乗ってみた。...
  •  
  • 127
  • 6
  • 4
  • Japanese 
Jul 21, 2019 01:56
yuribada

ターナーからモネへ

美術館に行く度に、日本に住んでいて良かったとつくづく思う。画集でしか見たことがないモネの絵を、写真すら見たことがなかったターナーの絵を、この目で見ることなんて祝福以外に何者でもない。静岡市立美術館で開かれている展覧会「ターナーからモネへ」に行ってきた。 ロマン主義の画家で...
  •  
  • 493
  • 8
  • 4
  • Japanese 
Jan 9, 2018 00:40
yuribada

想像する力

先日友人が書いた英語の文章を読んでいた時のことだ。何かにアレルギー反応を起こし、体調が悪くなったことを綴っていた。英語は得意ではないので、大抵のことしか理解できなかったのだが、にも関わらず途中で気分が悪くなり、最後まで読み切れなかった。最後まで読まなかったことに対する申し訳...
  •  
  • 392
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Dec 22, 2017 00:51
yuribada

私はジャスミンティーが飲めない

携帯電話に映った発信者の名前を見て首を傾げる妻。 「あれ、何で携帯に掛けたんだろう。IP電話もあるのに」 韓国にいる義理の兄からの電話だったようだ。夏休みがどうこうとか行く行かないといった話が聞こえてきた。話が終わったのか電話を切った妻が呆れた顔で愚痴をこぼす。 「も...
  •  
  • 453
  • 8
  • 5
  • Japanese 
Aug 11, 2017 01:00
Read more
Read more

Testimonials from My Friends

Nao
エッセイのような文章を書かれる方です。しかも、きれいな日本語と韓国語で書かれています。また、韓国語の添削も、いつも的確で、説明も加えてくださるので、わかりやすく、助かっています。
yuka
いつも丁寧で分かりやすく添削をして下さいます。 yuribadaさんがお書きになる文章は、日常の出来事であっても素敵な小説のような。。。 高い日本語能力をお持ちなので、添削する時も日本人の私の方が辞書を引くこともしばしば。 日本語の勉強もさせて頂いています^^
miffie
日本人も舌を巻くようなとても素敵な文章を書かれ、文章から温かいお人柄が伝わってきます。添削もとても丁寧にしてくださいます。できることならyuribadaさんの所へ押しかけて行って、韓国語を教えて頂きたいものだと常々思っています。私の住んでいる所からは離れた場所にお住まいなので、残念ながら押しかけることはできませんが・(yuribadaさんはそんな迷惑者が押しかけて来なくてホッとしておられるでしょうww)
ひまわり(해바라기)
いつも的確な指摘をしてくださり、感謝しています。これほど日本語を自由に操る方は他にいません。日本語とともに書かれる韓国語は多様な表現にあふれ、韓国語学習者にとって、とても良い教材になります。 참 고마운 분입니다.
yukko
韓国語の先生のように分かりやすい添削をしてくださる方です。 時々書かれる日記はまるで文学作品のような情緒や時にユーモアがあり、読みごたえがあります。 是非読んでみてください。