期末課題:"Tunes"の翻訳

  •  
  • 306
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jul 23, 2013 11:03 宿題 翻訳
期末課題:"Tunes"の翻訳

ご無沙汰した!去年の9月から東京へ留学していろいろなことがあってつい、以前の日記から1年間も経った!Lang-8はだいぶ変わったね...

今日の日記は翻訳の授業の期末課題で皆さん、手伝っていただけないでしょうか?
まず、英語の一文を書いて、自分の訳した一文を書く!
難しいポイントは:
 ・この話は現在形に書いたけど、この出来事はもう起こったと英語でわかる。日本語の現在形は同じ風に説明できるかどうかわからなかった。
 ・直訳だけじゃなくてニュアンスも伝えたかった。例えば、英語圏では校長先生に呼ばれると悪いことが起こるけど、日本ではそういう意味がないと聞いた。


A kid named Edgar fools around and accidentally swallows his cell phone.
エドガーという少年がふざけていて、たまたま携帯を飲み込んでしまう。

How this happens is too complicated to explain here. The point is, Edgar's already late for school.
これは一体どうやって起こるかはここで説明しにくすぎ。それより、エドガーはもう学校に遅刻する。

He rushes into the building. It's a place of enormous pressure. Students are warned not to waste precious seconds gabbing on cell phones--especially students with report-card "issues," like Edgar.
彼はビルに突進する。そこはものすごくストレスフルな所だ。学生は大切な時間を携帯で無駄に使わないように注意されていた。特に、エドガーのような成績が悪い学生によって。

He sweats at his desk. He prays for no calls, or for the cell-phone batteries to have run out. No such luck.
彼は机でぶるぶる震えた。電話がかかないか電池を切るようにお願いするが、ダメだ。

Horrified, he hears the cute little ringing tune jingling away in his stomach. His teacher and classmates hear too. They stare.
お腹から小さい着メロが聞こえるとぞっとする。先生も同級生も音を聞こえる。みんなはエドガーにじろじろ見る。

Desperately Edgar pretends he's producing the tune himself. He grins, maneuvering his lips.
エドガーは自分が音を作っているように見せかける。唇を動かしながら笑う。

"My new trick for Parents' Day," he gasps, when there's silence at last. "Pretty cool, huh?"
「保護者会のためのいたずらだ。」と音がやんだ時、エドガーが言った。「面白いだろう?」

No one agrees. The teacher frowns suspiciously.
誰にも賛成してくれない。先生は疑うな顔をする。

By lunchtime Edgar is a nervous wreck, twisting his lips as call after call comes in.
一日中どんどん電話がかかって、昼間までエドガーは神経をすり減らす。

Then the principal wants to see him.
授業に迷惑をかけたせいで、エドガーは校長先生に呼び出した。

Edgar stands trembling at the principal's big desk. He blurts out the truth of his ludicrous and irresponsible condition. He pleads for mercy, promises to do extra assignments to make up for any lost class time.
校長先生の大きい机の前にエドガーはびくびくしている。校長先生を校長室に入ってからエドガーは早速自分自分のバカバカしい状態の事実を言い出す。許しをお願いして、授業のなくした分を猛勉強すると約束する。

Right on cue, yet another call starts to jingle away inside him.
ちょうど、またエドガーから電話がかかって、音が聞こえる。

"Swallowed your cell phone," repeats the principal, scowling and baffled. "How on earth. . . ?" He wheezes, peculiarly. "I mean, swallowing, say, a harmonica, that I can understand. But a cell phone?"
「たまたま携帯を飲み込んだって?一体どうやって...?」校長先生は当惑気味だ。「たまたまハーモニカを飲み込んだらまだわかるけど、携帯を...?」

The principal shakes his head. A tune toots up from his lips, exactly like a harmonica playing. And this functions as the painfully cute musical intro to what follows, when he suspends poor ringing-jingling Edgar on the spot.
校長先生は頭を振る。唇からの吹いた口笛はハーモニカにぴったりだ。これはかわいいイントロで、その場で次に可哀相なエドガーを停学させる。
Included in the main text