Evil

  •  
  • 180
  • 8
  • 3
  • English 
Feb 14, 2018 11:17
I read a book of “Identity of Evil” by Masaru Sato. I’m not a Christian, but it explains a Christian thought clearly that we human have sins by nature. It’s convincing. Those sins spread out as evil. In other words, we human sprinkle evil around us. We can see it as conflicts in daily lives, and wars, everywhere. These happens because people don’t realize evil inside them. I bet you know them. They seem annoying to us, but they never think they’re doing something bad. I may be one of them because I write entries as I wish, which could hurt someone. There are concepts known as “性善説” and “性悪説” (I couldn’t find out the counterpart. They’re like the ethical doctrine that human nature is fundamentally good or evil.) I assume that many people’s rational part is “性善説”, but the reality is “性悪説”. Evil spreads out as long as we’re alive. We have to be conscious of the fact that we could be evil to stop it.


Now that I feel my evil that I can’t be bothered to write anymore, I’ll finish this entry.
「悪の正体」(佐藤優著)を読む。私はキリスト教徒ではないが、人間は生まれながらにして罪を背負っているというキリスト教の思想が分かりやすく説明されていて腑に落ちるものがあった。その罪は、悪という形をとって周りに伝染する。人間は悪を振りまく生き物だということだ。日常の確執、そして戦争、人間は多かれ少なかれどこかで悪をばら撒いている。これらはまず、本人が自分を悪だと思っていないことから発生する。皆さんの周りにもいないだろうか。他人からしたらはた迷惑なのに、本人は自分が悪いとは夢にも思っていない。もちろん私も、ここで書きたい放題書いている投稿で、誰かを傷つけているかもしれない。性善説、性悪説という言葉があるが、大体の人間は、理性では性善説、実態は性悪説といったところなのかもしれない。人が生きている限り悪は伝染する、それを抑えるためには、ひょっとして自分は悪かもしれないと自覚するところからだろう。


そして、怠けたいという悪が抑えきれなくなってきたので、この辺で筆を置くことにする。