novel (BARTIMAEUS9)

  •  
  • 652
  • 3
  • 1
  • English 
Mar 2, 2012 21:02
I hate the taste of mind. It is no fit thing for a being of air and fire. The cloying weight of earth oppresses me greatly whenever I come into contact with it. That is why I am choosy about my incarnations. Birds, good. Insects, good. Bats, okay. Things that run fast are fine. Tree dwellers are even better. Subterranean things, not good. Moles, bad.
But there's no point being fastidious when you have a protective shield to bypass. I had reasoned correctly that it did not extend underground. The mole dug its way deep, deep down, under the foundations of the wall. No magical alarm sounded, though I did hit my head five times on a pebble. I burrowed upward again, reaching the surface after twenty minutes of snuffling, and turning my beady nose up at the juicy worms. I uncovered after every couple of scraps.
The mole poked its head cautiously out of the little pile of earth it had driven through the immaculate surface of Simon Lovelace's lawn. It looked around, checking out the scene. There were lights on in the house, on the ground floor. The curtains were drawn. The upper floors, from what the mole could see, were dark. The translucent blue span of the magical defense system arched overhead. One yellow sentry trudged its stupid way ten feet the shrubbery.
The other two were presumably behind the house.
I tried the seventh plane again. Still nothing, still that uneasy sense of danger. Oh, well
The mole retreated underground and tunneled below the grass roots toward the house. It reappeared in the flowerbed just below the nearest windows. It was thinking hard. There was no
point going further in this guise. tempting though it was to try to break into the cellars.
A different method would have to be found.
To the mole's furry ears came the sound of laughter and clinking glasses. It was surprisingly
loud, echoing from very close by. An air vent, cracked with age, was set in the wall not two
feet away. It led indoors. With some relief, I became a fly.

私は、土の味は嫌いだ。空気と火でできているものにとっては、適しない。私はそれと接触しするたびに土の鼻につく重みがつよくん抑圧する。それだから、何かに化けることについてこだわるのである。化けるものとして、鳥よし、虫問題なし、こうもりok。足の速いものいうことなし。木に住む生き物はさらによい。地中のものは良くない。モグラはダメ。しかし、避けなければならない保護物がある場合は、注意をはらわなければならない。私は、防御物は、地下まで延びていないと正確に判断した。モグラになって穴を深く深く掘り進み、塀の土台の下をぬけた。途中で、小石に頭を5回も打ったが、魔法のアラームは鳴らなかった。再び上方へ穴を掘り、20分間鼻をヒクつかせて土と格闘した後やっと地表にでた。そして、ビースのような鼻を水分の多い虫に向けた。穴の痕跡を覆った。もぐらは、サイモン・ラヴレースの手入れの行き届いた芝生に穴をあけ、土の少し積みあがった表面におそるおそる顔を出した。あたりを見回して、位置を確認した。家に灯りが点いていた。一階だ。カーテンが引かれている。上の階は、もぐらの目で見る限り灯りは点いていなく暗い。黄色い体の見張りの一人が、灌木の3m上空をぼんやりと飛んでいた。あとの二人は、おそらく家の裏側だろう。もう一度、第七の目に切り替えた。やはり、何もないがいやな感じは変わらない。ああ、気が重い。もぐらは、地下にもぐって、家の方へ掘り進んだ。ふたたび地表に顔を出すと、一番手前の窓の下にある花壇の中だった。一生懸命に考えた。この状況でこれ以上もぐらでいてもいいことはない。もう少し掘り進んで、地下貯蔵室に忍び込む手もあるが。違う手段をみつけるべきだ。もぐらの毛皮の耳に笑い声とグラスの触れ合う音が聞こえた。音はおどろくほど大きく、かなり近くで響いている。通気口が目に入った。古くなってひびが入っている。それが50CMと離れていない壁にとりつけられていた。家の中に通じている。いくらかのすきまがある。蠅になって入っていこう。