王妃的采女 290

  •  
  • 87
  • 1
  • 1
  • Mandarin 
Oct 22, 2018 11:03
"那么,我们也参加工作吧。"
  卡若诗努对妖精开朗地说。妖精露出有点嫌麻烦的表情。
"对我来说,劳动是好久不做的事儿。"
"没问题。我教您。首先我们把这个食案那样排。今晚是明月之夜,所以在屋外看着月亮喝酒,欣赏舞蹈和音乐还有作诗。非常风雅吧!不过我们是专门伺候人的。"
  妖精嘲笑着说。
"嘻,风雅的气氛一定被破坏。"
「さあて、お仕事しましょうか。」
 キャロシーヌは物の怪に向かって明るく言った。物の怪は些か億劫そうな顔をする。
「労働っていうのは、随分久しぶりなんだがね。」
「大丈夫ですよ。私がお教えしますから。取り敢えずこの御膳を、あんな風に並べるんですよ。今宵は名月ですからね、屋外で月を肴にお酒を頂いたり、舞や楽を鑑賞したり、詩を詠んだりするんです。とっても風流でしょ!もっとも私達は、専ら御給仕ですがね・・・。」
 物の怪は皮肉に嗤う。
「ふん、風流な空気なんざ、どのみちぶち壊しになるだろうよ。」