随筆~子供たちとの対話②

  •  
  • 991
  • 27
  • 4
  • Japanese 
Jun 17, 2011 17:01
これは、ある日大学院授業した後、家にいるときの対話です。
(この時僕は風呂に入っていた。)

長女:「パパ、先ほどどこに行ったの?」
僕:「大学院に日本について授業を行ったのよ」
長女:「大学院は日本に近いか?あたしも日本へ行きた~い」
僕:「(近くないよ)でも、お前は日本語全然話せないだから、どうする?」
長女:「じゃ、『かきくけこ』の書き方を教えてね」
僕:「はいはい、分かった。今度の休日教えてやるよ」

長女は、嬉しくて部屋に入りました。
「パパは今度の休日、『かきくけこ』を教えてくれよ」と、得意げに声で話しました。
次女は、すぐ「ドンドンドン」に部屋を出て、「パパ、六時の時は何をする?」

僕:「(まだ六時か…)寝ているよ」
次女:「じゃ、五時は?」
僕:「やはり寝ているよ(笑)」
次女:「じゃ、朝の三時は?」
僕:「三時?もちろん寝ているよ」
次女:「だって、朝の三時はなにをする?」
(彼女は「午後三時」を指すと思う。太陽がまだいるので朝です^^)
言ったとたんと、「ドンドンドン」と部屋に入った。

ちなみに、うちのしっちゃんは、頭が振れる。
どんなの問題に聞いても、頭を振りながら笑う。
僕、幸せだな!^^



Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app