タナトス(死の本能)

  •  
  • 870
  • 12
  • 3
  • Japanese 
Jun 3, 2011 12:24
(これは、昔の日記です)

最近、心の中は、人が住まない老い家屋のペイントようなまだらが出てきた。

毎日、繰り返す悪夢を見た。仕事に迫られて息苦しい夢だった。

恐ろしい夢から目覚めた時は眠れない…仮眠するしかない…

この時、ある荒唐無稽な考えに脳中を浮かべた:「ヒトタビ、シニタイナ…」

ちょうど生まれた三十年の今日は、僕は自分を反問せざるを得ない…

「いったい、存在の目的はなんだ?」

金?食べ物?世間いわゆるの道徳論理?

こんなに偉い人だど思わない。

いったい何をしたい?何を追いかけるの?

時々、僕も僕は何を考えては分からぬ。

いつか、いつかは心のうつろを補われるかな…

ぼくは…………

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









ビックリしましたか?

これは、太宰治さんの「人間失格」を読後、自分を主役としてこの状況を想像して創った文章です。

しかし、三回を読んでも、「無頼派」の精髄は理解できませんでした…

やはり文学は僕にとっては難しいですね。

「死」は、日本文化の重要な一環に違いありません。

特に「サムライ」に対しては大事ですね。

皆さんは、どう考えますか?
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app