僕の創作を読んでみて下さい!⑥

  •  
  • 246
  • 9
  • 5
  • Japanese 
Nov 11, 2011 14:32
皆さん、こんにちは。

来週は、日本へまだ出張するつもりです。

そして、Lang―8の知人と会います(スケジュールの都合がよかったら)。

まだ元気いっぱいある焼津港と好きな日本を訪ねるのが、嬉しくてたまらないです。

今回、うちの副会長も一緒にいらっしゃるので、しっかりやらなければなりません。

出世する好機かもしれません。

そのために、最近はあまり考えたあげく、少し不眠症気味になってしまいました。

興奮過ぎるかな…

では、今週の連載をご覧ください!

---------------------------------------


「真蔵」?これも暗号か?この前の暗号と関係あるかも…

っと、この時、ある人がエスカレートを下向きに走っている事を気づいた。

「オイ!そこの!待ってくれ!」僕がすぐに声を出た同時に追いかけてきた。

とにかくあの人を掴まってこの嫌な状況をしっかり明らかにしろ!

だが、あの人のスピットは想像より速い、もっと具体的に言うと、「人間」のスピットらしくない…

悔しくあの「人」を消すのを見ながら、僕はついエスカレートの終点に達した。

これは駅のプラットホームであるなのに、人跡がない様子。

「廃墟」に連想をさせる場所だ。真ん中に柱がある、そして古く見えそうテレホンが付いてある。

このなぞを解明するように、不思議的にテレホンの音が響いた。

受話器を躊躇なし取った僕に…

「まだ逃げるのか?自分の良心を無視し続けるか?」という暗示的な言葉と言われた。

五里霧中の僕は、この一切の一切は一体どういうことを振り返り始めた。

テレビのスイッチを「パッ!」と開くように、頭の中はある怖い思いが突然に閃いた。

まずは「Sample:行=〇〇」、後は「真蔵」…
鏡の中の自分は一再の死ぬこと…
布みたいものに覆われる扉…
果てしなく「下」へ移動、探索する…


っと!僕はいきなり、自分の、死、体、を、見た…

悲しい事実を思い出した僕は、物狂おしい声で、この不思議な空間で、一人で叫んだ。

「いや、あれは俺じゃない、俺じゃない!!ようやく、思い出した!全部思い出したぁぁぁ!!!!!」

 (つづく)

---------------------------------------

はい!以上です。

来週は最終篇です!日本で発表しますね。

めでたいことと思いますよ。

では、少し暗号を提示してあげます!

「Sample:行=〇〇」のSampleは、試飲です。

ということ、「試飲:行き=〇〇」です。

まだ分からなかったら、来週の最終篇を楽しんでくださいね。

いつものように、最後まで読んでくれてありがとうございます!

意見があればを教えてください!