僕の創作を読んでみて下さい!⑤

  •  
  • 172
  • 9
  • 4
  • Japanese 
Nov 4, 2011 12:38
皆さん、こんにちは。

最近は家庭、仕事、学業三方に囲まれていますが、

いいバランスを取れて、毎日充実したの日々を送りします。

今はいわゆる「新戯作派(無頼派)」の作品に引かれて、論文を考えならが読みます。

感想は人々による別々にしますが、僕にとってこの中から人生の意義が発見できそうです。

余談はさておき、今週の「グロテスク リアリティ」をご覧ください!

---------------------------------------

電話の調子はものすごく悪かった、ぼんやりとニュースみたいの内容が聞こえた…

「~!!&病院で&%&##自!@*$を@殺#%した@#%@%容疑者は、@#@%&行方不明$%&…
ツーー。ツーー。ツーー」

なにそれ?誰かが病院で自殺したか…?容疑者??僕と関係あるかな?

振り返りを試したが、強烈な頭痛がまだ襲った。

受話器をかかった僕は、間もなく別の電話をかかってみた。

だが結局は同じ、完全に連絡が取れなかった…

しかも、ドアに取り付けられた鎖が増えてくるそうだ…

「仕方ないだろう…」僕は重いの足を運ばせて、浴室へ移動した。

錯覚か…あの穴は少し大きくなったそう…?

鉄パイプを握り締める僕は、もう一度穴に入った………

穴の出口は、さっき意識を失ったところということを気づいた。

同じ置かれている全身鏡、包まれておる病室…

鏡の自分を凝視している僕は、自分の手を思わずに顔を触った。

同時に、鏡から赤い点が突然に現われて、血管のように急速と拡散してきた!

鏡の中の自分を蔽う様に、たくさんの赤い液体が走っていた…

僕はこの異変に脅かさせて、慌ててさっき開けない扉を開けてみた。

今回は簡単に、扉を開けた。

すぐ向こうにダッシュした僕はあの恐怖な空間から逃げられるために喘ぎならが扉を両手で押した。

でもこの空間は先より不気味とは言える。

壁に汚い、暗紅色のさびが蔓延している、そして血痕ような跡形がある…

見たことがあったそう改札口、「真蔵」に書いてある。

その向こうは二つの下向き、そこが見えないエスカレータである。  (つづく)

---------------------------------------

いよいよクライマックスに突入します!今回の暗号はとても簡単だと思います。

いつものように最後まで読んでくれてありがとうございます。

意見があれば教えてください。そして、お気軽に添削ください。