修士二年生の自覚…

  •  
  • 503
  • 18
  • 6
  • Japanese 
Sep 28, 2011 12:10
みなさん、こんにちは。

九月は間もなく終わって、十月に入りますね。

秋の足跡につれて、大学院の課程も始めました。

久しぶりのキャンパスで、親しいクラスメートと再会した他に、

新しい後輩たちもいることを意識しました。(いつの間にかもう二年生になったな…)

論文の書き方は大体つかめるとは言え、書きたいときに書ける状況ではありません。

今学期は、日台経済貿易関係と企業経営のコースを選びました。

商いに苦手ですが、これは社会人にとって必要な知識だと思います。

そして文学研究のコースも入りました。

これは論文の書きに助かる一方で、自分は日本文学に興味を持ちます。

僕らは幼稚園から大学までいつも教育されて、輸入されていました。

今は昔から学んでくる知識を整理したり消化したり輸出すべきところだと思います。

この社会、いや、この世界に対して何かを貢献できれば…

ここは、二つ格言を皆さんに分かち合いたいです。

「人生はつくるものだ。 必然の姿などというものはない。」~坂口安吾

「自分に出会えない人生は、他者とも出会えない。」~伊丹十三

僕は「自分」に確かに出会ったに違いありません。

今後もつまずいても転んでも自分なりの人生を作り出します。

いつものように最後まで読んでくれてありがとうございます。

お気軽に添削してください。