雑談~僕の目から見える日本①~読書

  •  
  • 853
  • 22
  • 5
  • Japanese 
Sep 16, 2011 10:28 雑談~僕の目から見える日本
皆さん、おはようございます。

今日は、日本の読書習慣について自分の感想を述べたいです。

日本の本は、小さくて精巧な優れた品だと思います。

この逸品たちと出会ってから、地元の本をなかなか買いません。

サイズは小さいにもかかわらず、字がはっきり読めます、持ちやすいです。

紙の材質も良い、背面からの光線が映しません。価額は(日本人に対して)安いです。
(台湾で日本の本を買ったら値段は驚くほど高~い  <T_T>シック)

そういえば、この間、僕の読みたい小説(決戦の時<遠藤周作>)は絶版してしまいました。

台湾で買うのは無理です。日本にさえも中古品しか買えません。

指導教授は夏休みに日本へお帰りになる予定があるので、

高い価額の覚悟をした僕は先生を頼みました。

そして、先生はこの小説を下さった時に、びっくり仰天しました。

二冊で2円、運賃は500円でした!保存状況もとてもよいです!

絶版品なんと運賃は本体より高いです!信じられません…


今回出張のチャンスを利用して、五日間にも本を三冊買いました。

電車を乗る時、大部分の人は本や新聞紙を読みまして、静かにそっと自分の世界に沈んでいきます。

僕はこの光景を見ながらふっと微笑が綻びました。さすが、文化の大国ですね!



今日もいつものように最後まで読んでくれて、ありがとうございます!