文法の練習(Part2)

  •  
  • 724
  • 20
  • 7
  • Japanese 
Mar 30, 2012 04:42
みなさん、こんにちは。
以下のはさっき練習した文法の短い例文です。
この文章が間違っていたら直してください。

[によって」の文法です。
以下の例文の大部分には「によって」の代わりに「で」を使うもできますが、「によって」の使い方を練習するので そのように書くことにしました:
1.電子手帳によって、人は自分のスケジュールをどこでもチェックことができます。
With electronic organizer, people can check their schedule anywhere.
2.地震によって、母の好きな花瓶が壊れてしまった。
Due to earthquake, mother`s favorite vase has broken.
3.会社の利益金は新製品によって10倍増加された。
The incoming profit of the company has been increased by 10 times with(by) new product.
4.私は, 今月会社で割り増し金がもらえるかどうかによって、新しいテレビを買うかどうか決めることができます。
Depending to whether I got bonus this month or no, I can decide whether to buy a new television.
5.何を食べるかによって、健康状態は変わります。
The state of our health is changing, depending from what we eat.
6.気分によっては、悪ければ仕事がちゃんとできないとそう考える人もあります。
Some people thinks, that depending of mood, if it bad, you can’t properly make your work

「というより、というか」の文法です。
7.昨日あった機械の故障の理由は僕の間違いでした。しかし、間違いというより不注意でした。
The reason of machine breakdown that was yesterday is my mistake. However it was my careless rather than the mistake.
8.私は彼と同意した。というより議論を始めないことにしました。
I agreed with him. Or better say, I decide to not starting the arguing with him.
9.。。。。じゃ。これは何というか、まあ、一種の妥協だろう。
So, how we can call it? Hm..Probably it is some kind of compromise.
10.これは日記というか覚え書きというか
How I must call this, Diary or the Memo?
11.田中さんは先生というよりは、むしろ、いい友達という感じだ。
Mr. Tanaka is more good friend rather than the teacher
12.白バイは走るというよりは、むしろ、飛んでいた。

「というと」「と言っても」の文法です

13.日本料理ができるというと偉いそうに聞こえるのですが、実は巻きずしだけです。
Its sound impressive when I say that I can make Japanese dishes, but the fact is that I can do maki-zushi only.
14.私は子供がいます。子供と言っても子猫ですが。(笑)
I have a child. But even I say child – it’s the kitten
15.私は、仕事が見つかりました、と言ってもアルバイトだけです。
I found a job. But its only arubaito
16. 田中さんは年をとったと言っても毎日3キロぐらい走っています。
Although (someone) told that Mr Tanaka gotten old, he runs 3 km every day.

添削お願いします。