美しい町、奈良.食いしん坊、鹿!

  •  
  • 976
  • 15
  • 6
  • Japanese 
Oct 16, 2011 22:22
昨日、日本人の友達とともに奈良での興福寺、東大寺及び公園へ遊びに行った。
出発する前に、天気予報によると、雨が降るそうだのを知っていたが、また行った。
静かで条理整然な町、緑の並木、ひらひらと軽やかに落ちた黄色の銀杏(イチョウ)
深く、長い歴史を持っている町、奈良。

公園を経るうちに、鹿の群れに出会った。
私はただ今手で触るところに、鹿さんが驚くように逃げ出した。
友達は鹿せんべい(10枚 150円)を買い、半分のを私にくれた。
鹿煎餅を取ったところに、すぐ多くの鹿に囲まれた。
せんべいを剝き、少しずつ鹿にやった。
しかし、群れの鹿は長い間に食べなかったように、止まらずに私に迫ってきた。
それに、私が取ったチラシは後ろからの鹿さんに食べられてしまった。(あんぐり)
煎餅は全部食べられたに至るまで、鹿さんは大人しいふりをして、私に触らせてくれた。
後で、せんべいを持っている人を追って行った。
超現実な動物、鹿! 可愛いが、怖い!

しかし、何故鹿さんは鹿せんべいの売りさんに攻撃せずに、観光客しか囲まないのか。
皆さんは変だと思わない?
まさか...鹿さんと売りさんにこっそりと何の協議を達しておいたか。

好奇心旺盛の私は鹿せんべいを食べてみた。
オー(嘔吐〔おうと〕の音)
ちっとも美味しくなかった!干乾び(ひからびる)、ボロボロで草とか土の匂いがする。
ただ、こういう姿は群れの鹿に見られたら、頭が来たかもしれない。

左の写真:煎餅と鹿ー食べ物の誘拐
真ん中の写真:「鹿の飛び出し」という標識
右の写真:発見!売りさんは煎餅を贈り物にして、鹿さんに賄賂した