普通な生活の一日

  •  
  • 442
  • 8
  • 4
  • Japanese 
Jul 14, 2011 02:11
元々、寝ようと思っていたが、どうしても何か書きたかったから、Lang-8で日記を書いた。
先日、雑誌を通じ、一つの諺を習った。
「鬼も十八、番茶も出花。」 (中国語:姑娘18一朵花、女大十八變)
 (18歳のお嬢さんは花ごとき)
最初にこれを読んだばかりに、色んな疑問が頭の中で浮かび上がった。
なぜ十八歳こそ一番綺麗な頃なの? <ーここは「...綺麗な頃わけ」になったら、いいの?
なんで17歳、19歳はじゃないの?18歳になったら、鬼でさえ綺麗になる?
番茶は一番下等のお茶(最高級のは玉露)。苦くてあまり美味しくない。出花のとき、番茶でも美味しくなるはずだ。

私は化粧とかお洒落をすることなどが興味がないので、自分が18歳になっても綺麗になれないだろう。
そして、子供のごろのと今の私はあまり変わってないと思ってる。
化粧をすることが複雑で化粧品の値段も高いと思うから、それよりベッドにゴロゴロすることのほうが好き。
そう言えば、私は「美人」という言葉が本当に無縁だよね。