僕はやっぱり科学者だ。

  •  
  • 141
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Mar 1, 2017 19:52
大学を卒業したばっかりです。最初は卒業の後に物理学の研究室に就職を決めていたんだが、就職させてくれるはずの人が愚かなことをやっちゃって、突然首になってしまいました。でもね、別に悪いと思はわないよ。お陰でいつの間にか、どんな所で勤めても、こんなことが起こる可能性があるとわかった。それで、確かな道に進むより若いうちに冒険する方はいいと考えた。

大学の時分の私は働きたがりやだった。いろんな経験をした。物理学の研究とか、家庭教師、パスコン室、など。短期間に中華料理のレストランでもバイトしたことがある。働きすぎだったな。。。と思って、あまり考えずに日本に旅立った。

一ヶ月の後に小学校に就職した。英語の先生になりました。正直に言うと私は英語の教え方なんてよくわかんなかった。だが、なんとなくごまかした。最初に思ったより楽しい仕事だった。けれども、3ヶ月ぐらいたったらやっぱり科学に戻りたいな。。。と思った。

僕は物理学で学位を取った。大学の時に仕事ばっかりだったから成績はまあまあだった。実はよく授業をサボってその代わりにバイトや研究室に行った。ただ試験の日だけにちゃんと顔を出すやつだった。物理学はしょうがないほど好きだから別に授業行かなくてもちゃんと独学するから平気だった。成績がまあまあの理由は試験のせいじゃなくて、ただ宿題とかあまり出さなかったからです。

でもね、やっぱりそれはよかった。履歴書を書いていろんな経験を述べて、なんとなく日本のある大学で勤めることになった。さらに、日本語も独学で学んだ。多分授業にちゃんと行ったらば、バイトも日本語を勉強する暇も潰れてしまう。

僕の勝手な意見ですけど、成績を優先するよりただ好きなことをちゃんと学ぼうとすればなんとなくうまく進めると思います。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app