日本語で修士課程の面接 part 2

  •  
  • 89
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Jun 24, 2019 00:51
どうしてこのMCCT(マネジメント・文化・コミュニケー ション・ 言語研究科修士) の修士課程を辞めますか。

この修士課程はあるの分野に特化しいませんでした。
そして最も悩ませたのは、私たちがたくさんの日本語と英語の翻訳をしていたということです。日本語または英語の翻訳者としてプロのキャリアを始めたいとは決して思いませんでした。
私は自分の語学力を使い、それをマーケティングやコミュニケーションに応用したいと思ったので、このマネジメント・文化・コミュニケー ション・ 言語研究科修士を申請しました。
しかし、管理やコミュニケーションに焦点を当ての代わりに、我々は翻訳に焦点を合わせました。さらに、日本の会社を経営する方法や他の国と文化の人々と商取引を交渉する方法についての授業はそれほどありませんでした。実際に、この修士課程の目的はあまりにも曖昧でした。

どうして日本の市場に気になりました。

まずは日本の顧客の期待は、フランスやヨーロッパのお客さんと比べるとまったく違います。日本人は本当に完璧な品質に向かう傾向があり、例を挙げると日本で100円ショップがよくあります。
100円ショップで食べ物や家庭用品として本当に安いものを買うことができます。
しかし、製品が安いからこそ、質の悪い製品ではないです。日本人は非常に質の高い製品とサービスの期待を持っていますので、日本の販売とマーケティング戦略はフランスとは異なります。

また、彼らが人々や生産を管理する方法は私に非常に部会興味を持っています。 改善またはMuda、Muri、Muraの原則に関しては、それは生産の不必要なステップを除去することについてです。西洋人として、私たちが日本のマーケティングと管理方法から学ぶことがたくさんあると思っています。