副標題:關於身份變更的幾點思考

  •  
  • 193
  • 1
  • 5
  • Traditional Chinese 
Jul 19, 2018 18:12
副標題:關於身份變更的幾點思考

副標題:綠色悼詞
***
Noel:(諷刺地說)植物是我們的親屬?呵呵?這個傢伙是蔬菜嗎?

格林:(諷刺的享受)吧,大概,他有綠色的血…

塔拉:(試著專注於這首詩)請保持安靜,這樣我們才能聽到詩歌。。。

奧拉潘:蔬菜怎麼了?我親愛的一些朋友基本上都是蔬菜。

塔拉:啊,喋喋不休是詩歌的死亡....
* * *

寫在二百年前,Domenico Elmi的雙簧管,弦樂和通奏低音協奏曲提醒我,一些音樂保持優雅數百年。

Sub-title: Some thoughts about identity change
Sub-title: A green eulogy
***
Noel: (sarcastically, ) Plants are our kin? Huh? Is this dude a vegetable?

Gwen: (enjoying the sarcasm) Well, maybe he is green-blooded?

Tara: (trying to focus on the poem) Please be quiet so we can hear the poetry. . .

Orapan: What's wrong with vegetables? Some of my dear friends are essentially vegetables.

Tara: Ah, chatter is the death of poetry . . .
***
Written just over two hundred years ago, Domenico Elmi's Concerto for Oboe, Strings and Basso Continuo reminds me that some music stays elegant over centuries.



副題:アイデンティティの変化についての考え

副題:緑の賛辞
***
ノエル:(皮肉的に)植物は私たちの血縁ですか? へー?この男は野菜ですか?

グウェン:(皮肉を楽しんで) まあ、多分、彼は緑色の血があります...

タタラ: (詩に集中しようとして) 詩を聞くことができるように静かにしてください...

オラパン:野菜の話はどうしたの? 友人の何人かは、本質的に野菜です。

タラ: ああ、おしゃべりは詩の死です...
***
ちょうど二百年以上前に書かれた、オーボエ、弦楽と通奏低音のためのドメニコ・エルミさんの協奏曲は、いくつかの音楽は何世紀にもわたってエレガントなままであることを思い出させる。