《日本主義》:關於文化與身份的思考

  •  
  • 50
  • 1
  • 5
  • Traditional Chinese 
Oct 10, 2019 20:02 日本主義、文化、身份
Chariya:每種不同的文化似乎對日本人有不同的看法。

大樹:(笑著)大多數日本人自己不知道自己是什麼人。

Bhäraté:用任何靜態手段來定義「自我」的整個嘗試注定會失敗。

安一:當然!這並不阻止人們凝視鏡子,想像所謂的「民族特徵」。

Bhäraté:恐怕,我們整個的「認同感的語法」是錯誤的吧。

實際上,「自我」是動詞而不是名詞嗎?
沒有所謂的「自我」,只有不斷重複的「自我生成」。

安一:那不是羅伯特·波西格想要說的嗎?

Chariya:波西格?

安一:你知道,那個《禪與摩托車維修藝術》的傢伙?

大樹:但是我沒有摩托車。

Bhäraté:我沒有禪宗精神。

安一:無論如何:無論如何,已經提到了所有值得一提的東西。

Chariya:哦。

Japonisme: Some thoughts about culture and identity

Chariya: Each different culture seems to have a different ideas about what the Japanese are.

Daiki: (chuckling) Most Japanese themselves do not know what they are.

Bhäraté: The whole attempt to define "self" in terms of any static artifice is bound to fail. . .

An-Yi: Of course! That doesn't stop people gazing into the mirror, and imagining so-called "national characteristics".

Bhäraté: Perhaps our whole grammar of identity is wrong.
Isn't the "self" is actually a verb, not a noun?
There is no "self", only reiterative "self-ing".

An-Yi: . . . wasn't that what Robert Pirsig was trying to say?

Chariya: Pirsig?

An-Yi: You know, that "Zen and the Art of Motorcycle Maintenance" guy.

Daiki: But I do not have a motorcycle . . .

Bhäraté: And I do not have zen . . .

An-Yi: Anyway, everything worth saying has already been said.

Chariya: Oh.


『ジャポニスム』 〜文化とアイデンティティについての考え〜

チャリヤ: それぞれの文化は、日本人が何であるかについて異なる考えを持っているようです。

大樹:(笑いながら)ほとんどの日本人自身は自分が何であるかを知りません。

バーラーティ:静的な人工物の観点から「自己」を定義しようとする試みはすべて失敗するだろう。

アンイ:もちろん!しかし、人々が鏡を見つめ、いわゆる「国家的特徴」を想像するのを止めません。

バーラーティ:おそらく、我々の「アイデンティティの文法」全体が間違っているのでしょう。

実際に、「自己」は名詞ではなく、動詞であるか?

「自己」と言うことはありません。

反復的な「自己生成」のみです。

アンイ:ロバート・ピアシグが言おうとしていたことではなかったのですか?

チャリヤ:ピルシグ?

アンイ:その『禅とバイクメンテナンスの技術』ヤツだよ。

大樹:でも、私はオートバイを持っていません。

バーラーティ:そして、私は禅の精神を持っていません。

アンイ:とにかく、言う価値のあることはすべて既に述べていました。

チャリヤ: ああ。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app