微笑みの国は泣いていたとき…

  •  
  • 161
  • 2
  • 5
  • Japanese 
Oct 14, 2016 20:46 #Japanese #diary
小さなころから、タイの父の日だったら、母はいつも私を抱きすくめて、「あなたはラマ9世に生まれてきて、私は本当に嬉しいわよ。」とよく言っていました。その時に私はどうして母がそんなに嬉しかったかまだ分かりませんでした。でも、今は母の気持ちが分かったと思います。タイ人にとって、この方は王様だけではなく、私たちの父です。しかもこの方は毎日疲れを知らない人のように働いている父です。もし、私たちがけんかを始まったら、父はいつも止めます。大地の力と呼ばれる人です。私はタイで生まれたことが心憎いことはを得意げに話せます。

お父さん、ありがとうね、心配しなくても大丈夫だよ。
私は自分の現在の義務を一生懸命果たします。
お父さんが受けてくれた教訓も心に銘記いたします。
タイは最高にいい国ではないのに、タイは最高にいい王様がいると信じます。
今まで本当にありがとうございます。ご冥福を祈ります。