ジバクアリ(自爆蟻)

  •  
  • 109
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Jan 15, 2019 18:59
信じられないかもしれませんが、脅かされると自爆するという種類の蟻がいます。この種類の蟻はボルネオとタイ、マレーシアの辺鄙な地域の雨林で見つけられます。

この種類の蟻は200年以上も存在しているようで、1916に科学のニュースになったことがありますが、その後忘れられたそうです。

最近ジバクアリが再び注目を集めています。たくさんの研究が行われ、この種類の蟻にはようやく学名が与えられました。この種類の蟻は生息地や巣に極度に忠誠で、自分を犠牲にしてでも敵から生息地を救いたいのです。

ジバクアリの働き蟻は、お腹に生まれつきの、臭くてべたべたした毒液を持っており、侵略者が巣に脅かしてくる時にその毒液を使います。反撃するため、ジバクアリは自分の腹を裂いて、べたべたした黄色の毒液を放ち、侵略者を殺したり撃退したりします。こういう自己犠牲をする蟻はよく刺す蜂と比較されます。二つとも、自分の毒液を放ったら死にます。

ジバクアリがどうやって自分の腹を破裂させるのを観察するため、ある研究グループは、敵としてのツムギアリを入れました。やはりこの侵略者はべたついた毒液に陥ったのです。

(追伸)英語で"It may sound crazy"や"As crazy as it may seem"はよく使いますが、日本語で同じような言葉はありますか?
Exploding Ants



It might sound crazy, but there is a species of ants that explode when they are threatened by an intruder. These exploding ants can be found in the remote rainforests of Borneo, Thailand and Malaysia.

It seems that these ants have been around for more than 200 years. They made science headlines in 1916. However, after that they seemed to have been forgotten.

Recently the exploding ants are making news once again. Plenty of research has been conducted, and finally, the species of ants have been given an official name. These special ants are extremely loyal to the colony or ant nest. In fact, they will give up their lives to save the colony from an attack.

The worker ants naturally possess a nasty-smelling gooey toxin in their bellies to use when an intruder is threatening the nest. These exploding ants rupture their own abdomens to release their sticky yellow fluid to fight back. The venom will either kill or repel the intruder. These self-sacrificing ants have been compared to honey bees that sting. Both insects die after releasing their venom.

A research group introduced an enemy (weaver ant) to watch how the exploding ants begin to burst their own bellies. The poison then traps the invader in the gooey fluid.