植物性肉が脚光を浴びている

  •  
  • 53
  • 4
  • 3
  • Japanese 
Jun 27, 2019 13:01
植物性食品ベースの食生活は独特なライフスタイルで、限られたグループの間で人気があったが、科学や技術の進歩で主流になりつつある。2019年アメリカで、植物性ハンバーガーが流行ってきている。

1月にアメリカハンバーガーチェーン店大手のカールスジュニアが、肉代替品メーカーのBeyond Meatからの植物性バーガーを傘下の1000店舗で提供しようとしていることを発表した。4月にバーガーキングがついてきて、Impossible Foodsと協力して、植物性バーガーを提供し今年中に全国に広げることを発表した。

Beyond Meatは、同じ2019年に株式を上場させたUberやLyftといった業者を破って、2019年最強の新規株式公開を遂げた。これはどれほど植物性肉が注目を集めている証である。

このシフトはファストフード業界に限らない。アメリカで多くのレストランでも、需要が高くなるため植物性代替品不足という報告が出ている。

それは特に驚くべきことではないかもしれない。2017年のあるニールセン調査では、39%のアメリカ人が「積極的に植物性食品を食べてみている」ことが分かった。それから、植物性肉代替品の売上がますます高くなっており、2017の売上成長率は6%なのに対し2018は24%である。それと比べて、2018年の動物性食品・肉の売上成長率はたったの2%だ。

ただし現在のところ、状況は少しややこしいのである。アメリカの幾つかの州では、動物性材料で作ったものでない製品を「肉」と表示することを禁止する法案が通過した。これらの州は、関連する協会と共に培養肉業者を狙っているが、植物性業者及びその連携するファストフード業者も攻撃に巻き込まれる可能性がある。

日本もこういう植物性食品の導入を準備しているそうだ。https://japan-indepth.jp/?p=45427
Plant-based meat is having its moment

Plant-based diets used to be considered part of a niche lifestyle, popular among certain groups of people. But advances in science and technology have brought them into the mainstream. In 2019 plant-based burgers are in vogue in the US.

In January, Carl’s Jr., a major American burger chain, announced it would be offering a plant-based burger from meat substitute producer Beyond Meat at more than 1,000 of its locations. In April, Burger King followed suit and announced it would be offering, in collaboration with Impossible Foods, a plant-based burger and making it available nationwide by the end of the year.

Beyond Meat had the strongest IPO of 2019, beating the likes of Uber and Lyft in the process. This is a clear indication how much attention plant-based meat has been attracting.

The shift isn't just limited to fast food. Many restaurants in the States are reporting shortages of these plant-based alternatives due to high demand.

Maybe it is not so surprising. A 2017 Nielsen survey found that 39% of Americans are "actively trying to eat more plant-based foods." Since then, plant-based meat substitute sales have gone from strength to strength. In 2017, they grew by 6% and then in 2018, by 24%. By comparison, animal meat sales grew only 2% in 2018.

But at present, things are a little complicated. Some states have passed legislation banning the labeling of products that do not come from animals as "meat." These states, along with related associations, are targeting cell-based meat producers, but plant-based producers and their fast food partners may be caught in the crossfire.

It seems Japan is preparing to introduce such products as well: https://japan-indepth.jp/?p=45427