四月馬鹿

  •  
  • 98
  • 5
  • 1
  • Japanese 
Apr 18, 2019 18:39
友達にエープリルフールとその由来について聞かれたので、ネットで少し調べてみました。

多くの国では四月一日に“エープリルフール”が行われます。この日、人々は他の人にいたずらをしたり、真実ではないことを本当だと思い込ませたりして楽しみます。

イギリスで、ジョークやトリックといったいたずらは四月一日のお昼までやります。お昼以降にそれをやることは不運を招くと思われます。これを忘れて、午後にいたずらをする人は自分が“馬鹿”になります。

では、この日に人々はどんないたずらをするのでしょうか?簡単な一例を挙げてみれば、こういうことがあります。友達に“あなたの靴紐がほどけている”と話します。そして、友達が腰をかがめて靴紐を結ぶに際して、“April Fool(馬鹿だ)!”と叫びます。その時だけ、友達は実は靴紐は問題ないとわかるのです。これはあなたに合うユーモアではないかもしれませんが、凄く面白いと思う人はいつでもいるそうです。

アイルランドで、人に“馬鹿任務”を与えるのが人気のいたずらの一つです。被害者は、助けを求めるフェイクの手紙を送らせられます。受信者はこういう手紙をもらって、開けて読んで、そのかわいそうなメッセンジャーに、”この手紙を他の人に送ってくれ”と指示します。こういうことが続けられ、誰かが申し訳ないと思ってきて、”この馬鹿者を他の人に行かせて”という手紙の内容を見せるまで、彼は既にこの手紙を何人かの人に届けてしまったのです。

フランス、ベルギー、オランダ、イタリア、それにフランス語を話すカナダとスイスで、四月一日の伝統は“四月の魚”として知られます。よくあるいたずらの一つに、紙の魚を知られずに被害者の背中に付けるということがあります。

新聞やテレビ番組、有名な会社は四月一日に、いたずらとして人を騙すために、フェイクの記事を発行したことがあります。最も古い事例の中にはこういうことがあります。1957年、イギリスの国家チャンネルBBCは、スパゲッティは木で育つというレポートを放送しました。その動画では、スイスのある家族は木からスパゲッティを採ります。1950年代に、イギリス人はパスタをそんなに食べなくて、パスタはどうやって作られるのかを知らない人が多かったので、多くの人はそのフェイクなレポートにはめられました。今では、大抵のイギリス人はこういうトリックに騙されないのですが、2008年にBBCは”進化の奇跡”の予告編で、もう一度観衆をはめたのです。この予告編では、ある種のペンギンが飛ぶ能力を取り戻しました。二つのイギリスの主要新聞、Daily TelegraphとDaily Mirrorは、フロントページでこの”重要記事”を発表しました。

1998年のエープリルフールに、アメリカのハンバーガーチェン店のBurger Kingは、左利きのハンバーガーを開発したことを発表しました。その“新商品”のCMによって、全ての材料が180度回転したため、そのハンバーガーは左利きの人に持ちやすくて食べやすいというメリットがあります。翌日Burger Kingは、そのCMのことはウソだと認めたのですが、全米で何千人ものお客さんが店に行って、その左利きハンバーガーを求めたそうです。

エープリルフールの応援者は、この日は楽しみと笑いを促進すると言っています。それに、ある研究によると、エープリルフールはストレスを減らして心臓を良くすることができるのだそうです。しかし他の人は、この日によって混乱や心配、時間と資源の無駄遣い等の悪い結果が起こったりもすると指摘しています。

フェイクニュースの多い時代とも言える今時、一年中普段にも私達はトリックにはまる可能性があります。エープリルフールとなると、もっと注意しなければなりませんね。エープリルフールの伝統がどのように始まったのかはわかりませんが、この陽気な日を楽しんで、喜んでこの伝統を保っている人がたくさんいるのです。
April Fool’s Day

A friend of mine asked me about April Fool’s Day and its origin, so I did a little research on the Internet.

April Fool's Day is celebrated on 1 April in many countries around the world. On this day, people traditionally play practical jokes on each other and have fun trying to make other people believe things that are not true.

In the UK, jokes and tricks can be played up until noon on 1 April. After midday it's considered bad luck to play a trick. Anyone who forgets this and tries a joke in the afternoon becomes an 'April Fool' themselves.

So, what kind of jokes do people play? A simple example would be telling your friend that their shoelaces are undone. Then, when they bend down to do them up, you shout, 'April Fool!', and they realize their shoelaces are fine. Maybe it's not your kind of humor, but there's always someone who will find it hilarious!

In Ireland, a popular prank is to send someone on a 'fool's errand'. The victim is sent to deliver a letter, supposedly asking for help. When the person receives the letter, they open it, read it and tell the poor messenger that they will have to take the letter to another person. This continues and the victim ends up taking the message to several different people until someone feels sorry for them and shows them what the letter says: 'Send the fool to someone else.'

In France, Belgium, the Netherlands, Italy and French-speaking areas of Canada and Switzerland, the 1 April tradition is known as the 'April Fish'. A common joke is to try to stick a paper fish onto a victim's back without being noticed.

Some newspapers, TV channels and well-known companies publish false news stories to fool people on 1 April. One of the earliest examples of this was in 1957 when a program on the BBC, the UK's national TV channel, broadcast a report on how spaghetti grew on trees. The film showed a family in Switzerland collecting spaghetti from trees and many people were fooled into believing it, as in the 1950s British people didn't eat much pasta and many didn't know how it was made! Most British people wouldn't fall for the spaghetti trick today, but in 2008 the BBC managed to fool their audience again with their Miracles of Evolution trailer, which appeared to show some special penguins that had regained the ability to fly. Two major UK newspapers, The Daily Telegraph and the Daily Mirror, published the 'important story' on their front pages.

On April Fool's Day 1998, the American hamburger chain Burger King announced that it had created a left-handed hamburger. The advert for the 'new product' explained that all the ingredients had been rotated 180 degrees so that it was more comfortable for left-handed people to pick up and eat. The following day, Burger King admitted that this advertisement had been a hoax, but said that thousands of customers had gone to restaurants across the USA asking for a left-handed burger.

April Fool's Day fans say it encourages fun and laughter, and one study found that it reduces stress and therefore could be good for your heart. Other people point out that it can have negative consequences, like confusion, worry or wasting time and resources.

In the era of 'fake news' it's often hard on a normal day of the year to work out when we're being tricked into believing something that isn't true, but on April Fool's Day you need to be even more alert. No one knows exactly how the tradition started, but there are plenty of people who enjoy this light-hearted day and are happy to keep the tradition alive.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app