MINIクーパーも電気化へ

  •  
  • 51
  • 4
  • 1
  • Japanese 
Jul 23, 2019 12:13
この間、自動車メーカーのBMWは、来年3月から出回る予定であるMINI初の量産電気自動車「MINI Electric」の受注を開始したと発表した。BMWは数年に渡り、実験モデルやコンセプトカーを経て、ようやく量産車のMINIクーパー電気自動車を市場に投入した。MINIは前にもMINIクーパー電気自動車を作ったが、それはあくまでも実験的なもので数も少なかったのだ。

BMW MINIによると、前輪駆動の「MINIクーパーSE」 電気自動車には181馬力のモーターが搭載され、MINIの他のモデルが持つ「go-cart」のような運動性能も発揮できるということだ。

この2ドア車は、車の中心を越え後部座席の床下まで延長するT字形バッテリーパックのおかげで、同車種のガソリン車と同じ室内空間と荷室容量を確保した。また、重心がより低いため、コーナーでの操縦性も向上したそうだ。

MINIによると、MINIクーパーSEは一回の充電で146~168マイルを走行することができるということだ。しかし、アメリカ向けモデルの走行可能距離はまだ明らかになっていないので、その推定はヨーロッパ向けモデルにしか適用できない。

MINIクーパーSEは四つのドライブモードを持っている。「スポーツ」モードは強力なパフォーマンスと素早いハンドル操作を支援し、「グリーン」や「グリーンプラス」モードは省エネをサポートしてくれる。それに、日常運転に持って来いの「ミッド」モードも備えている。

加えて、アクセルペダルから足を離すと回生ブレーキが動き始める「シングルペダル」というモードもある。回生ブレーキとは、車輪がモーターを作動させ、モーターが車を減速させると同時に発電し、バッテリーを充電する機能なのだ。この機能により、ブレーキペダルを踏まなくても減速することができる。

この車は、ヨーロッパの新規制に従い、歩行者保護のために、低速時に人が聞こえるようにちょっとした音を鳴らす。電気自動車はモーターが静かなので、近付く時に歩行者が気付かないことを防ぐためなのだ。


Mini Cooper goes electric

Recently BMW announced that it is opening its order book for Mini Electric with deliveries expected from March 2020. After years of experimental models and concept cars, BMW finally unveiled a fully electric Mini Cooper that you will be able to buy. MINI has previously produced electric versions of Mini Cooper, but only as an experiment in limited numbers.

Powered by a 181-horsepower electric motor, the front-wheel-drive Mini Cooper SE will deliver the sort of "go-kart handling" as in its other models, the company said.

The car's battery pack is T-shaped and runs down the center of the car and under the back seats. This configuration allows the small two-door car to have the same passenger and cargo space as the gasoline-powered version. It also has a slightly lower center of gravity for better handling around corners, according to the company.

The Mini Cooper SE will have a driving range of about 146 to 168 miles on a charge, the company said. But official figures for the US are not available yet, so the range estimates only apply to models in Europe.

The car is equipped with four driving modes. Sport mode will provide punchy performance and quick steering, while Green and Green+ modes will be tuned for optimal energy efficiency. There will also be a balanced Mid mode for everyday driving.

Drivers will also be able to select a "single pedal" driving mode in which the car will use its regenerative braking capability as soon as the driver's foot lifts off the accelerator. In regenerative braking, the car's rolling wheels push the electric motors instead of the other way around. This way the motors slow the car while also generating electricity to feed the batteries, and it allows the driver to slow down without having to use the brake pedal.

To protect pedestrians, the car will make a slight noise at low speeds, as required by new European regulations, so people can hear the otherwise silent electric car approaching.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app