中国経済の減速

  •  
  • 44
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jul 25, 2019 15:59
とある経済報告によると、中国の経済成長率は最近約30年間の最低水準に落ち込んだということだ。

第2四半期中国のGDP成長率は6.2%に落ち、中国政府が1992年から四半期経済指標を公表するようになって以来最低の成長率となる。

勿論、米中貿易戦争は中国経済に悪影響を及ぼしているが、それが唯一の原因ではないと見る専門家たちがいる。彼らによると、中国経済の悪化は、莫大の負債と消極的になった消費行動にも関係するそうだ。

2008の金融危機に対処するために、中国政府は一連の景気刺激策を打ち出した。それにより、経済は好転したが、巨額の債務も発生した。

それに対し、中国政府は金融制度での制限対策を実行した。しかしそれに伴い、企業特に民間企業の資金調達が困難になることもあった。

一方では、中国の一般消費者は未来の経済動向や個人債務を懸念し、消費を抑えている。それ故、多くの企業が業績不振に陥った。例えば、アップルは中華圏で第2四半期の売上高が前年同期比20%以上減少となった。

経済のハードランディングを防ぐために、最近中国は減税やインフラ支出拡大などの対策を実行したが、専門家は中国の国家補助式経済モデルがもはや機能できないかもしれないと述べている。

「古い方法は新しい問題を解決することができないだろう」と一人の専門家は言った。

言うまでもなく、中国は私達が居るアジアの最大の経済国であり、そこの変化は必ずその他の国に影響を与える。今後中国の経済はどうなるかをしっかり注視していきたいところだ。
China’s Economic Slowdown

According to a recent report, China’s economic growth has dropped to the lowest level in almost 30 years.

Gross domestic product growth dropped to 6.2% in the 2nd quarter which is the weakest since the Chinese government started publishing quarterly figures in 1992.

There is no doubt that the trade war with the US is hitting China’s economy, however, some experts have pointed out that it is not the only reason. The slowdown has as much to do with a huge debt and “cautious consumers.”

To cope with the 2008 financial crisis the Chinese government launched a massive stimulus package which boosted economic growth but also resulted in a huge debt.

The Chinese government has reacted by reinforcing restrictions in the financial system, however, the efforts have also made it difficult for companies to obtain financing, particularly private companies.

On the other hand, Chinese consumers are holding off spending as they worry about the economy’s future and personal debts. Due to that many businesses tumbled. For example, Apple’s sales in this region dropped more than 20% in the 2nd quarter, compared to the same period last year.

Recently China cut taxes and increased infrastructure spending in order to prevent a hard landing for the economy, but experts say China’s state-sponsored model may no longer work.

“Old methods may not fix new problems,” said one of the experts.

Without a question, China is the largest economic entity in our part of the world (Asia) and any changes of it will surely influence all the other countries. How its economy is going to become is something we would definitely like to keep an eye on.