個人情報

  •  
  • 107
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Jan 21, 2019 22:52
インターネットとデジタルテクノロジーの発展に伴って、より多くの個人データが他人にも利用できるようになり、個人情報をめぐる問題が生じている。それで、私達はどうやって、個人情報の安全について妥協することなく、発展中のデジタル世界に向き合っていくのだろうか?

以前、個人データの管理は簡単だった。今では、個人データはネットで収集されたり、保存されたりしており、より多くの人に利用されることが可能になってきている。ネットで、自分の位置情報や、旅行の計画、政治的な意見、好きな買い物、家族の写真を共有する人は少なからずいるだろう。

私達がネットでやった検索、使ったサービス、送ったメッセージ、買ったものなど、いずれも“デジタル足跡“になっている。オンライン会社はこういう“足跡"を利用して、私達のネット活動を追跡することができる。私達のネット活動に基づいて、オンライン会社は私達の好みや買いたいものを推測することができる。あれほど私達の情報を持っていることは、オンライン会社に巨大なパワーを与えている。私達の個人データを売ったり、求められた内容を提供したりして、オンライン会社は私達のネット活動を利益に転換することができる。これが、今発展しつつあるデジタルマーケティングという業界の土台である。

時には私達の個人データは私達の同意によってネットで共有されている。このようなデータが他人にも使用可能だと、私達はわかっている。しかし、多くの場合、私達の個人データは思っていたより広く流れていき、思っていなかった方式で使われる可能性もある。では、個人データを守るため、私達に何かできることはあるのだろうか?或いは、“この世でタダなものは一つもない”というように、個人データの共有はネットサービスを利用する代価であると受け入れるのだろうか?
Personal Information

With the advancement of internet and digital technology more of our data becomes publicly accessible, leading to questions about privacy. So, how do we interact with the growing digital world without compromising the security of our information?

In the past, it was easy for people to keep track of personal information. Today, our personal information can be collected and stored online, and it's accessible to more people than ever before. Many of us share our physical location, our travel plans, our political opinions, our shopping interests and our family photos online.

Every search we make, service we use, message we send and item we buy is part of our “digital footprint.” Online companies can use this “footprint” to track exactly what we are doing. Based on our online activity, they can guess what we are interested in and what things we might want to buy. Knowing so much about us gives online companies a lot of power. By selling our data or providing targeted content, online companies can turn our online activity into profit. This is the foundation of the growing industry of digital marketing.

Some of the time our personal data is shared online with our consent. We know that this information is publicly accessible. However, our data often travels further than we realize, and can be used in ways that we did not intend. So, can we do anything to protect our data? Or should we just accept that in fact “nothing is free” and sharing our data is the price we have to pay for using online services?