キャリー・シモンズ

  •  
  • 33
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jul 31, 2019 18:06
31歳のキャリー・シモンズはイギリス新首相ボリス・ジョンソンの恋人で、イギリス保守党党内で高い影響力を持つ人物です。

今までシモンズはメディアの注目を上手に避けてきました。しかし、過去18ヶ月間ジョンソンの恋人として、控えめに行動していたのはまだいいのですが、これから首相のパートナーとしては、それが難しいでしょう。

彼女が首相官邸に移るのかという二人の居住様態から、ジョンソンと一緒に外国に行くのかという外交事務との彼女の関わりまで、最近イギリスのメディアでは、このかつてない首相とパートナーとの関係について、様々な憶測が飛び交っています。イギリスの歴史におてい、在任中の首相が入籍していないパートナーがいることはなかったからです。

前の首相のパートナーは何をしていたのでしょうか?トニーブレアの奥さんチェリーは、弁護士として仕事をし続けていました。テレサ・メイの主人は、テレサの支えになることを決め、目立たないようにしていました。今、イギリス国民の「ファーストガールフレンド」ともいうシモンズの動向を、イギリスのメディアが死に物狂いで推測しているのも当然でしょう。

シモンズは大学で演劇学と美術史を学んだ後、2010年から保守党の広報担当者を務め、短期間で出世の梯子を上がってきた。2012年にジョンソンが再当選したロンドン市長選のキャンペーンチームの一員でした。2017年に29歳で、保守党史上最年少のコミュニケーションディレクターになりました。イギリスの評論家によれば、彼女は「非常に上手な政治的コミュニケ-ター」のようです。

19歳の頃シモンズは、スパイクドリンク(薬物入りの飲み物)を提供する手口で多くの女性を襲った、イギリスで「タクシー・レイピスト」と呼ばれるジョン・ウォーボイスの被害者になりました。彼女は自分の名前を隠さずに事件を公開し、自らの苦難をイギリスの複数の新聞社に伝えました。それに、ウォーボイスの仮釈放が考えられていた頃、司法審査を推進し、ウォーボイスの釈放を止めました。

今シモンズがイギリスのメディアに取り上げられている理由には、彼女とジョンソンが結婚していないということもあります。しかし、こういう関係も現代イギリス社会の反映なのかもしれません。「今イギリスでは結婚せずに同棲する人が多いからだ」と、ある評論家はこう述べました。
Who is Carrie Symonds?

31-year-old Carrie Symonds is the girlfriend of Boris Johnson, Britain's new prime minister, and a wildly influential figure in the Conservative Party of the UK.

Symonds has done a pretty good job of staying out of the media spotlight. However, keeping a low profile as Johnson's girlfriend for the past 18 months is one thing, but doing the same as the Prime Minister's partner will prove more difficult.

From the couple's living arrangements (will she move into Downing Street?) to her involvement in diplomatic affairs (will she accompany Johnson on foreign trips?), the British media has in recent days been in overdrive speculating on the unprecedented relationship. For never in living memory has a UK prime minister had an unmarried partner while in office.

Tony Blair's wife Cherie continued her career as a barrister and Theresa May's husband Philip decided to keep a supportive, low profile. No doubt Britain’s press is desperate to know the intention of their “first girlfriend.”

Symonds studied theater studies and art history at university, before working as a press officer for the Conservative Party in 2010 and quickly rising up its ranks. She was part of the campaign team that helped to get Johnson re-elected as mayor of London in 2012. At 29, Symonds became the youngest-ever director of communications at the party. British analysts call Symonds a "very established political communicator."

At 19 Symonds fell victim to John Worboys, known in the UK as the “taxi cab rapist” who assaulted many women by offering them spiked drinks. Symonds waived her anonymity and spoke publicly in the case, telling a number of British papers about her ordeal. She also helped to launch a judicial review when a parole of Worboys was in discussion, and prevented his release.

Today, Symonds is in British newspapers also for the reason that she and Johnson are not married. But their relationship is also a reflection of modern Britain, said an analyst. “Because nowadays there are lots of people in the UK who choose to live together without being married.”
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app