オーバーツーリズム(Overtourism)

  •  
  • 66
  • 7
  • 1
  • Japanese 
Jul 11, 2019 19:06
日本語で「Overtourism」(オーバーツーリズム)をどう表現したらいいのか分からないが、日本もこの問題を抱えているようだ。日本語には「観光公害」という言葉があるが、それはオーバーツーリズムそのことよりもその結果を表現する言葉だ。

20年以上前に、ドイツの教授で作家のJeremy Boissevainが「Coping with Tourists: European Reactions to Mass Tourism」という本を出版した。その時からヨーロッパの主要都市では観光産業が急速に成長してきており、複数の観光地では、オーバーツーリズムによって、限界が超えられ、バランスが破壊されてしまった。

オーバーツーリズムとは、観光客が多すぎるため、その地域における生活や観光体験の品質が悪化し受け入れられなくなる状況を表わす言葉である。

また、「Reasonable Tourism」(リーズナブルツーリズム。合理的ツーリズム)という言葉もある。ツーリズムを活用し、その土地での生活や観光体験を良くするという意味だ。更に、「Inadequately Managed Tourism」(不適切に管理されたツーリズム)もある。公的な場所は共有土地資源であり、供給と需要の有効管理は問題を軽減することができるとはいうものの、環境にも社会にも限度があるので、オーバーツーリズムを避けるために適切な管理は必要だということだ。

オーバーツーリズムは、ますます多くの人々が共有資源を使用する時によくある現象の一つである。特にその資源は土地資源の場合、この現象が発生しやすい。

人気の観光地はその一例なのだ。限度が達され、トリプル・ボトム・ライン(*)が超えられてしまい、地元住民も観光客も満足できなくなる状態に至っている。課題は、どうすれば全ての観光地で持続可能な観光産業が作れるのか、それに問題の拡散を防止すること。地元の政府機関や地域の管理者にとって主要な問題は、観光を利用するのか、或いは観光に利用されるのかということだろう。

この問題を考える時に注意に値することには、我々もその中の一部だという点もある。多くの人は交通状況について文句を言う時に、自分も問題の一部かもしれないということを忘れてしまう。全く同じだ。我々は住民か観光客かにもかかわらず、ツーリズムは我々が作ったものなのだ。

*トリプル・ボトム・ライン(Triple Bottom Line)とは、発展を考える上で社会的(Social)、環境的(Environmental)、経済的(Economical)という三つの面のこと。
Overtourism

I am not sure about the correct expression of “overtourism” in Japanese, but it seems Japan is suffering from it as well. In Japanese there is a similar expression “観光公害 (tourism pollution)” but it describes the result of overtourism rather than itself.

More than 20 years ago German professor and writer Jeremy Boissevain published Coping with Tourists: European Reactions to Mass Tourism. Since then major European cities have continued experiencing rapid growth of tourism. In some destinations the limits were crossed and balance was destroyed, by “overtourism.”

Overtourism describes the situation where there are too many visitors and the quality of life or the quality of the experience in the area has deteriorated to a degree that is unacceptable.

There is another expression “reasonable tourism” which is about using tourism to make places better for living or visiting. There is yet another term “inadequatedly managed tourism.” The public realm is a common property resource, and better management of supply and demand can reduce the problem but there are physical and social limits, and to avoid overtourism adequate management is required.

Overtourism is one example of what happens when more and more people seek to consume a common resource, particularly when that resource is a common property resource.

Many honeypot destinations are just like that. The limits are being reached and the triple bottom line is being crossed. Tourism has reached a point where neither the hosts nor the guests are satisfied. The challenge is to make all destinations sustainable and to avoid spreading the problem. For the local government and area managers, the key question is: Will the destination use tourism or be used by it?

When considering this question, it may be worthwhile to note that we are part of it. The same as when many people complain about traffic they forget they may be part of the problem. Tourism is what we make it, whether we are the hosts or guests.