今年も残すところあと僅か

  •  
  • 102
  • 9
  • 2
  • Japanese 
Dec 27, 2018 16:31
今年も残すところあと僅か

今週、欧米はクリスマスによる休みの時期なので、仕事で一息入れたりはできますが、来年のビジネス計画作りに困っているところです。最近のアメリカや日本の株価急落、米中貿易戦争、イギリスのEU離脱など、世界経済に不安定な要素はまだ多いようです。

日本はどうでしょうか。増税や外国人労働者受け入れ拡大など、加えてオリンピックも控えており、何だか日本で2019年は変化の節目だという感じがするのではないでしょうか。更に、日本は30年ぶりの商業捕鯨の再開を予定しているといいます。

クジラは美味しいでしょうか?それはそれとして、鯨肉には低脂肪で良質な蛋白質が多く含まれ、栄養価値が高いと言われています。それに、それほど巨大な体からして、経済価値の高さが窺えるでしょう。

これも食べ物の話なのですが、先月大阪への出張で、ある晩居酒屋で食事中に何気なく店員さんのおすすめに答えて、”お作り”を頼みました。”お作り”は”手作り寿司”なのではないかと思ったら、出されたのは刺身の盛り合わせだったのです。刺身は問題ありませんでしたが、お作り(お造り)=刺身ということは初めて知りました。

同じものでも地域によって言い方が異なるということでしょう。”今川焼き”のこともそうなのではないでしょうか。大判焼きや太鼓焼き、太鼓饅頭など、異なる言い方があります。台湾にも同じようなものがあり、”紅豆餅”と呼ばれます(紅豆=小豆)。

今年も残すところあと僅かとなりました。”終わり良ければ全て良し”と言われるように、もう一息頑張りましょう。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app