Class Discrimination

  •  
  • 75
  • 1
  • 1
  • English 
Jun 2, 2019 00:10
A long time ago, I worked for a famous company in Tokyo as a temporary worker.
One day in the afternoon, I saw an array of cakes on a table in the corner of the workplace.
I thought that they were supposed to be served out to each one who worked there, so I was waiting for the snack time in expectation.
However, the temporary workers weren't able to eat them because the famous company bought those cakes on a fixed date in every month for all the people there not including the temporary workers.
They ate those cakes celebrating their birthdays which were on the month.
All the company's employees and the temporary workers worked together on the same room, though.
I was shocked because I felt discriminated against.
身分差別

かなり以前、私は東京にある有名な会社で、派遣で働いていた。
ある日の午後、私は作業場の隅のテーブルの上にケーキが並んで置いてあるのを見た。
そこで働いている人ひとりひとりにそのケーキが配られるものと思い、期待しておやつの時間を待っていた。
しかし、派遣の人たちはケーキを食べることはできなかった。
その会社は、派遣の人を含まないそこで働く人たちのために、毎月決まった日にケーキを買っていたからだ。
彼らは、その月に誕生日がある正社員の誕生日を、皆でケーキを食べて祝っていた。
正社員も派遣者も同じ部屋で一緒に働いていたのにである。
私は差別されている気がしてショックだった。