東京都NPO創立者(そうりつしゃ)は在留外国人(ざいりゅうがいこくじん)に災害(さいがい)から生(い)き残(のこ)る方法を見せる

  •  
  • 176
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 8, 2017 17:53
東京都NPO創立者(そうりつしゃ)は在留外国人(ざいりゅうがいこくじん)に災害(さいがい)から生(い)き残(のこ)る方法を見せる
2011年東日本大震災のような災害に備えて本当に誰も準備することはできません。
幼少時から定期的に災害訓練を受けた日本人にとっても、災害の準備は困難だ。
日本語を話さない外国人には、避難所で提供されているニュースや指示を理解できないため、日本でのおしゃべり体験は恐ろしいことです。
木村元子氏が2011年3月に起きた前例のない地震、津波、核危機の中で目撃したこととまったく同じものでした。
Tokyo NPO founder shows foreign residents how to survive disasters

No one can truly be prepared for a calamity like the 2011 Great East Japan Earthquake. Preparing for a disaster is difficult even for Japanese people who have gone through disaster drills regularly since their childhood.
For non-Japanese residents who don´t speak the language, experiencing a disaster in Japan could be horrifying because they are not able to understand news and instructions provided at evacuation centers.
And that was exactly what Motoko Kimura witnessed during the unprecedented quake, tsunami and nuclear crisis in March 2011.