このような適切なモニタリングの欠如により、多くの語学学校が医療過誤に巻き込まれ、教育に対するビジネスの優先順位をつけ、ベトナムやネパー...

  •  
  • 157
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Mar 18, 2017 22:42
このような適切なモニタリングの欠如により、多くの語学学校が医療過誤に巻き込まれ、教育に対するビジネスの優先順位をつけ、ベトナムやネパールの学生が日本で働くことによって節約することがますます重要になっています。
日本移民情報庁の石原進教授は、「日本政府は一流の交換留学生を「世界の才能」として捉えているが、現実にはそのような人たちが来るのが難しくなっている」と述べた。
実際、日本語教育協会の調査によると、2014年度の高等教育に進んだ日本語学校21,208人のうち、60.3%が職業学校に、26.4%が大学に進学した 言語教育。
This lack of proper monitoring has seen many language institutes engage in malpractice, allowing them to prioritize business over education and increasingly cater to Vietnamese and Nepalese students whose central motive is, by and large, to save money by working in Japan.
Susumu Ishihara, president of the Japan Immigrant Information Agency, said, “The Japanese government is gung ho about getting top-notch exchange students as ‘global talent,’ but in reality, such individuals are becoming harder to come by.”
Indeed, out of the 21,208 students at Japanese-language schools who advanced to higher education in fiscal 2014, an overwhelming 60.3 percent ended up in vocational schools and 26.4 percent went to universities, according to a survey released by the Association for the Promotion of Japanese Language Education.