Journal
 
 
Photo Album

餃子's entry (25)

Post an entry now!
餃子

自分の事を明かす Exposing Oneself With native lang

自分の事を明かす 誰かに自分のことを話すとき、打ち明ける秘密の多さは、その相手と親しくなりたい程度に比例します。 つまり、自分のプライバシーについて、たくさん話せば話すほど、その人を如何に好きであるかということをさらに強調する意味があるなのです。 Exposi...
  •  
  • 338
  • 11
  • 6
  • Japanese 
May 31, 2017 09:37
餃子

Best Before 賞味期限 (poem) With native lang

Best Before My admiration has a "best by" date. Since it is too fresh, Can't endure the ordeal of time, Soon get dec...
  •  
  • 310
  • 1
  • 1
  • English 
May 30, 2017 09:24
餃子

笑顔になる名 A Smiling Name (poem) With native lang

笑顔になる名 この名前を見るや否や笑顔になった。 暗い夜空に散りばめられた星のよう 思わず笑みを浮かべてしまう。 微かな希望に満ちている。 宇宙という池の中 魂のぶつかるところ この名前は 月明かりの下 かすかな波の輪を立てる。 A Sm...
  •  
  • 257
  • 7
  • 3
  • Japanese 
May 29, 2017 09:15
餃子

事実を直視する Facing the Truth With native lang

事実を直視する 私たちはいつでも何もかもを知りたがります。 しかし、時には何も知らない方がいいのかもしれません。 事実を知ったが故の苦しみもあるからです。 もっとも、真実は既に私たちの心に存在しています。 知りたくなくても、いつかはその苦しみに耐えなければなり...
  •  
  • 231
  • 12
  • 3
  • Japanese 
May 28, 2017 09:33
餃子

放っとけ Let Go With native lang

放っとけ 多分中国語の中で、最もわがままな言葉は「撂開手」(Liào kāi shǒu) という言い方です。それは、後のことは「放っておけ」「私には何も関係ない」「知ったこっちゃない」という意味になるようです。 以下は素晴らしい中国の小説「紅樓夢」の第十七回から...
  •  
  • 250
  • 11
  • 3
  • Japanese 
May 27, 2017 15:38
餃子

愛し合う Loving Each Other With native lang

私にしてすれば、愛し合うということはありえません。どちらかの方の愛がより大きいというものです。 誰かを幸せにすることは思ったより難しいように思います。 これはこちらの幸せのために、あちらを満足させることができないからです。 Loving Each Other ...
  •  
  • 219
  • 2
  • 2
  • Japanese 
May 26, 2017 08:40
餃子

軽い花と細い雨 Gentle Flowers and Thin Rain With native lang

次は私の翻訳した一つの詩です。これは中国北宋の秦觀という詩人の「浣溪沙」の詩から一部の抜粋した作品です。 気の向くままに舞う花びらは夢のように軽く 果てなく細い雨は愁いを帯びるように優しい。 Gentle Rain and Thin Rain The f...
  •  
  • 234
  • 4
  • 1
  • Japanese 
May 25, 2017 09:16
餃子

蝶と花 With native lang

きらびやかな蝶が一匹、花から花へと舞い降りて、花びらたちとダンスを踊っている。 花々は、いつも楽しそうにその蝶々の噂話をしています。 でも、ある片隅にひとりぼっちの寂しい花がありました。待って待って、ついに大木になってしまいました。 次の春、この大木はたく...
  •  
  • 184
  • 2
  • 1
  • Japanese 
May 24, 2017 15:45
餃子

お願い I WISH With native lang

お願い 春風さん、お願いします。 私の思いをあの人に届けてください。 僕は元気と一言知らせてください、と。 I WISH Spring wind, please, Send my affection to him, Let me know e...
  •  
  • 241
  • 7
  • 3
  • Japanese 
May 23, 2017 09:13
餃子

夏が来た。Summer Has Come. With native lang

夏が来た。 昨日、今年初めての蝉の鳴き声が聞こえた。 びっくりした。 この声は今から夏の幕が開くことを賞賛しているかのようです。 夏は私の季節です。 水泳とか西瓜とかいろいろなイベントとかが私は大好きです。 毎日アイスクリームを味わうことができて、待ち遠...
  •  
  • 419
  • 5
  • 3
  • Japanese 
May 22, 2017 09:33
餃子

多くの時間が過ぎている Too Much Time Has Been Passing By (poem) With native lang

以下は、林婉瑜(Línwǎnyú)の「許多時間正經過」という詩を は私が翻訳したものです。 多くの時間が過ぎている「許多時間正經過」 この時間とこういう午後 あなたがどこにいて、何をしているのかわかる。 でも、会いに行く必要はない。 決して会いに行か...
  •  
  • 270
  • 1
  • 1
  • Japanese 
May 21, 2017 09:25
餃子

雨つぶの音 Sound of Raindrops (poem) With native lang

雨つぶの音 砲火が天をも焦がしていた。 心の底が ひどく痛んでしまった。 大地が怪我を負わされた。 なのに、 綺麗になっていた。 Sound of Raindrops Thousands of gun fire scars, Strikin...
  •  
  • 270
  • 3
  • 3
  • Japanese 
May 17, 2017 10:05
餃子

たった一言 Only One Word With native lang

一言だけで、人の心の結びをほどけるなら、それは何よりです。 しかし、こういう言葉はどこで探せるのかわからないので、苦しい人がその地獄から出てこれないのです。 If there is one word which can unlock a person's...
  •  
  • 184
  • 4
  • 3
  • Japanese 
May 15, 2017 17:46
餃子

飛ぶ理由 飛的理由 With native lang

以下は「姚謙」という作詞家の作品の一つです。翻訳してみようと思います。 飛ぶ理由 もしも、今ここで窓の外から風が吹いてくるなら、私は飛ぶ理由がある。 積み重さなった悲しさと楽しさ 君が分かってくれたなら、わたしは自由になれるでしょう。そうね、分かってもらえな...
  •  
  • 235
  • 5
  • 2
  • Japanese 
May 11, 2017 23:14
餃子

You Are April of Our World 你是人間的四月天 (poem) With native lang

林徽音 (Lin Huiyin), who was a female poet, wrote this poem for her beloved, 徐志摩(Xu Zhimo), who was also a famous poet in China. The followi...
  •  
  • 183
  • 0
  • 0
  • English 
May 10, 2017 20:33
餃子

The Reason of Loving You 愛你的理由 With native lang

The Reason of Loving You Since I haven't concerned about you for a long, long time; in a flash, it comes up to my mind the reason ...
  •  
  • 139
  • 0
  • 0
  • English 
May 10, 2017 13:25
餃子

隠す Hide it Up (poem) With native lang

隠す 重たい雲が月を隠すけど と、 雲のすきまから、まだ月の光が輝いている。 ただ一つの星だけが明るい月とともに。 誰も何も言わないで、 静かな夜に、 雲が切れるのを待っている。 星は星のままで、月は依然として月のままでいる。 Hi...
  •  
  • 282
  • 7
  • 2
  • Japanese 
May 10, 2017 13:23
餃子

泣き笑い Bittersweet With native lang

一つの格言があります。 私たちは生まれたとき、赤ちゃんなので、大声で泣いていた。 それでも、周囲の誰もが幸せだった。 うまくいけば、私たちが死ぬとき、周りの誰もが悲しくて、私たちだけが笑顔を見せている。 There is a maxim: As we a...
  •  
  • 111
  • 13
  • 2
  • Japanese 
May 8, 2017 18:44
餃子

風が何処から吹いてくるのか私にはわからない 我不知道風是在那一個方向吹 (poem) With native lang

以下は、詩人の徐志摩(Xu Zhimo)の「我不知道風是在那一個方向吹」という詩を私が翻訳しようとしたものです。 風が何処から吹いているのか私にはわからない わからないのは 風は何処からに吹いている—— 夢の中でわたしは 夢の軽い波の中に揺られている。 ...
  •  
  • 252
  • 3
  • 2
  • Japanese 
May 7, 2017 19:39
餃子

虹と橋 A Rainbow and A Bridge With native lang

虹と橋 一生ずっと雨に降られているなら、いつ虹を捕まえることができるのだろうか? 夢を抱いている人には自分自身の心の中に満たされない穴があるのものです。その心の空虚を覆うために、彼らは自分を苦しめて夢を追いかけます。 虹は人を幸せにするだけでなく、他の人に...
  •  
  • 232
  • 5
  • 3
  • Japanese 
May 6, 2017 15:40