日本の迷信

  •  
  • 5847
  • 2
  • 2
  • Japanese 
May 9, 2012 08:37
日本はたくさん迷信がある。たとえば、死の迷信がある。一番目死の迷信は4の番だ。4は日本語では縁起の悪い数字だ。音読みは死言葉のようにし、えんぎの悪いだ。だから、たくさん建物はあのとこをのぞく。それに、プレゼントは3つか5つあげる。絶対に四つあげてはいけない。九番もえんぎの悪い数字だ。苦のように聞くから。それで、建物もこの数字は除く。他の縁起の悪い数字は二十四と四十二と四十三と四百二十だ。他の死の迷信はボウルの中で箸を入れてはいけない。そうしきだけでしてもいいんだ。も、箸から箸まで食べ物を経っていてはいけない。そうしきだけではいになる体のほねをしている。そうしきと言えば、葬式入るの時に肩のうえに塩を放るべきだ。他のそうしきの迷信は墓地か救急車を指し示してはいけない。朝は最初にも坊さんに会って、悪運だ。そうしきの車に通ったら、おやゆびをかくしたほうがいいだ。それに、うなぎとメロン同時にたべるのは禁物だ。だけど、これはどうりは知らないんだ。も、北に寝てはいけない。死体方ように寝たから。夜にネール刈っているは剪むということを読んだ。この迷信は「夜に爪を切ると早死にする」をもとづいでいた。迷信によると、「夜に爪を」は「世を詰める」同じように聞く。ほかの死の迷信は赤い墨に人の名前を書いてはいけない。赤いすみを書いて、人の人生はへらす。そして、食べる後、いますぐ寝てはいけません。したら、牛になる。日本も外国から迷信がある。たとえば、黒猫は道に渡に見たら、不運がある。

この迷信は面白いんだ。私は他の国の迷信を習って、面白いと思う。一つのアメリカで迷信は鏡を壊したら、七年の悪運がある。も、迷信は黒猫に道渡るにはアメリカがある。私もいくつかの迷信は中国語の同じだ。たとえば、中国語も4の番は縁起の悪いだ。それは面白いだ。




(たくさん間違いがある, ごめん なさい!)