日本語の エッセイ

  •  
  • 1113
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Mar 21, 2012 06:50
(this is an essay on education in Japan that I have to write for my Japanese class. The entire essay has to be in plain form, by the way)

私は日本学校の生活はおもしろいと思う。日本の学校でそうじにんがないから、
学生は学校にそうじしなくちゃいけないということを読んだ。私は学生が責任を教えてから、
おもしろいと思う。も、だいぶぶんの日本の学校は食堂がないから、学生は教室で昼ご飯を食
べるということを読んだ。ある人々は家からお弁当に持ってくるが、ほかの人は学校で昼ご
はんから食べにあげる。少ないチームの学生はクラスメートとご飯を差し上げにある。学生も
クラブをくわわる。けんどうのクラブや音楽のクラブがある。毎年ぶんかさいとうんどうかいがある。

日本の教育はアメリカの教育からとても違う。「Kids Web Japan」のちょうさ による
と、日本の学校の学期は4月から7月まで始まる。そして、9月から12月まで二学期を始ま
る。ついに三学期は1月から3月まである。その一方、アメリカで学校に8月か9始まって、
5月か6月に終わる。も、アメリカの小学校も三学期があるだが、中学校と高校は二学期があ
るだけ。「Kids Web Japan」もよると、日本のぎむきょういくは小学校から中学校までだ。高
校はずいいだ。しかし、たくさんの学生は高校に行きにえらぶ。高校に入るように試験を取っ
た。大学に入るようにもにゅうしを取った。アメリカで学校は小学校から高校までぎむてきだ。
でも、アメリカの学生はぜんぜん高校に入るように試験を取らない。

学校後で、たくさん学生はじゅく に行く。じゅくが二通りがある。「Education in
Japan」 によると、おけいこごととじゅくがある。おけいこごとはじゅうじつ のレッスン だ。
たくさん子供はおけいこごとでピアノや書道を取る。他のじゅくはアカデミックがあげる。いいせいせきを取るし、にゅうしを勉強するし、たくさん学生はじゅくに行く。